昨日6月16日は、ボゴム君の27歳のお誕生日でした。
おめでとうございます!!

IMG_3707
(写真の出所は友人から…港南区庁のホームで撮ったそうです!)

さて、ドラマは後半になり、やっぱり試練が訪れるのよねぇ〜〜って感じです。
13話ではウソク役のスンジョさんの出番が少なかったので、ちょっと残念←いつからファン?
はい!それではボーイフレンド13話、スタ〜〜〜〜〜と!!!!

bo-i13wa2

テギョンの前会長の法事の日。

bo-i13wa21

欠席する事にしたスヒョン・・・
キム会長の邸宅には、スヒョンの代わりにチョン秘書とナム室長が直接出向き
欠席の旨を伝えました。

bo-i13wa23
bo-i13wa22


ジニョクの家では、イ先生を迎えての食事会に参加したスヒョン。
緊張しながらも和やかに過ごした二人・・・

bo-i13wa22

しかし、母ヨンジャは・・・、
二人の指にはめられたカップルリングに気づき、心穏やかではなかったようです。

bo-i13wa25

帰り道、スヒョンは
「私のために食事会が中止になったと言ったの?私なら、法事に行くなと言うわ」と言うが
ジニョクは「僕はね、君がどこで誰と会おうと不愉快にならない、君が生きてきた過去には
意味があり理由があるから・・・」と言い
「どこで何をしようと、心は僕の元にあるでしょ?」と付け足した。
スヒョンは、ジニョクの深い愛情がとても嬉しかった。

bo-i13wa11


一方、法事が終わったテギョンの邸宅では・・・
ウソクも会長もスヒョンが来なかったことに落胆していた。

bo-i13wa28


食事会の後、つぶ貝兄の店に母の作ったおかずを持参したジンミョン・・・
ジンミョンは、兄ジニョクに
「うちの家族が釣り合うかどうか心配だったけど、一緒にいるのを見たら似合ってたよ」と言い
二人を祝福する。

bo-i13wa3

ジニョクの心配は、両親の事・・・特に母の反応が心配のようで
「正直、聞くのが怖い、嵐の前の静けさみたいで」と・・・
ジンミョンは「俺が母さんに聞こうか?」と気を使うが
ジニョクは自分の事だから自分で聞くと弟の前で強がって見せた。

bo-i13wa26

次の日、テギョンとチャ議員の縁もこれまで
と言う記事がでた。
スヒョンの母は怒っていたが、チャ議員は、冷静に受け止めているようだった。

bo-i13wa19


早速、スヒョンの任期満了に伴い行われる理事会でウソンを代表にするよう
チェ理事に働きかけるキム会長。

bo-i13wa18

法務部にもトンファホテル回収の訴訟を命じる。

bo-i13wa10

スヒョンは、キューバで壊してしまったジニョクのカメラと同じ機種のカメラを用意していました。

bo-i13wa7

広報部では、ブライダルの企画中でした。

残業中の、ジニョクの元へスヒョンからメールが届きます。
製造年が同じカメラを探したスヒョン。

bo-i13wa24
年下男は「明日まで待てないから、すぐに会おうと・・・」(笑)
bo-i13wa12

二人は待ち合わせして食事をしますが、
今回はホルモン屋(笑)
(いつもジニョクに合わせているお姉さまスヒョン)
あなたのおかげで未知の体験ができて楽しいって(半分嫌味に聞こえるけど)
スヒョンがジニョクに合わせてる感じが可愛い。

bo-i13wa14

ジニョクは、スヒョンが取り寄せたカメラを見て嬉しそう〜〜

こんなやり取りを見ていると・・・
年下男って可愛いな〜って思うけど…(けど…何?

bo-i13wa35


キューバホテルの件でナム室長が調べてくれた番号は、広報部のイ課長の携帯番号でした。
対応を考えていたスヒョンは、ジニョクを呼び出し相談する事に・・・
(ホテルでお忍びデート?)

「誰かが大きな過ちを犯し私を苦しめたとするわね、その犯人が分かったらどうするべき?」と
相談するスヒョンにジニョクは、
「僕はその人が謝罪するなら許します。誰しも一度は心が揺れるから」と言い
許すことで相手は罪の意識に苦しむはずとジニョクなりの正論で答えます。

その後、自分が何か過ちを犯したのか?と勝手に解釈し
仕事中にスヒョンさんのことばかり考えてたと言って笑いを取り
正直に話したからご褒美!!・・・と甘えて・・・のこれ! ・・・

1547688473

ミジンとデチャン兄は至って順調。(笑)

「ミジンさんが働く店を見学に来たと」デチャン兄
「お店じゃなくホテルよ!」とミジンさん
「今度はお弁当を作ってくるよ」デチャン兄
「女を口説く文句?」とミジンさん、
この二人も、ううん〜〜〜〜〜〜どうでもいい

bo-i13wa5
bo-i13wa12


イ課長に会って直接話しをする事にしたスヒョン。
「事件の全容を明らかにしたら告訴も解雇もしません」と言い、
イ課長にキューバホテルへの異動を命じました。

bo-i13wa23



広報部は、ブライダル雑誌の掲載の為、準備を進めていました。
しかし、撮影当日、カメラマンの突然のキャンセルでジニョクが代行撮影をする事に・・・

1547634884
bo-i13wa32
bo-i13wa31


ジニョクが、撮影をする姿を見て・・・

あの時の言葉を思い出すスヒョン
「僕たちにもそんな日がくるよね?」

bo-i12wa6

スヒョンが感じた、可能なような不可能はなんだったのでしょうか?
そして、この時感じた不可能が今後の二人をどの様に変えていくのでしょう…

bo-i13wa24

そんな事とも知らないジニョクは、
ブライダル撮影に使った小道具のブーケをもらって帰り
スヒョンのマンションに立ち寄ります。

bo-i13wa21

スヒョンの方がモデルよりきれいだと言ってブーケを持って来たジニョク。
戸惑いながら貰うスヒョン。

bo-i13wa8
bo-i13wa16

ジニョクの純粋すぎる気持ちは、時に負担なほど重いような気がします。
私はバツイチなのよってスヒョンの心の声が聞こえるよう・・・

bo-i13wa5


ジニョクはスヒョンの前に跪き・・・
「僕の元に来て欲しい」と目を潤ませながら
「君なしの人生は有り得ない」と言う。


1547687403-1

真っ直ぐすぎるジニョクの気持ちを受け止められるのか?

これから起こるテギョンとの事を考えると、
喜べない自分がいてスヒョンの気持ちは揺らぐのでした。

bo-i13wa16

スヒョンの再任投票が理事会で開かれた。
そこにイ課長と現れたスヒョン。
イ課長は、キューバホテルの件は自分がキム代理を説得して悪意あるメールを送った事を詫び、
チェ理事の指示だったことを明かした。

チェ理事は、開き直り自分は使用人であると言ったが、誰からの指示かは明かさなかった。

bo-i13wa19


ジニョクの母は、近所の知り合いから、息子をホテルに就職させてくれと頼まれ困っていた。
そこで、ジニョクがホテルに就職できたのも、代表といい仲だからとデタラメな噂があることを知る。
デチャンに頼みミジンから代表に渡して欲しいとみかんシロップに手紙を添えて渡します。

bo-i13wa25
bo-i13wa27


スヒョンは、ミジンとナム室長を自宅に食事に誘う。

スヒョンは、手際よく料理をする。
今まで、大切な人に手料理を振る舞うことがなかったスヒョン、これはささやかな願いだった。

bo-i13wa28

二人になり、返事を避けるスヒョンに少し不満を言うジニョク。

「私、イタリア料理が得意、中華も作れる日本料理も、結婚した時に習ったの」

「だから?」

「あなたの家に行ってから夢を見るの、あの家で一緒に幸せになりたいって」

bo-i13wa26


「足を引っ張るの。過去の日々が」
「ブーケを持ってあなたの前に立つ姿を夢見るけど、私が夢見てもいいものか、
よくばりじゃないのかって」

bo-i13wa18

「チャスヒョンは、僕の心に始めて入り込んだ女性、過去は重要じゃない、君自身を愛してるから」
こんなにも二人の愛が鮮明になってきたのに・・・

bo-i13wa13

ジニョクの母の手紙は、ミジンから渡された。
そして、スヒョンは、ジニョクとの母と会うことに・・・

bo-i13wa20


母は、言った。
すみません。と・・・
そして、ジニョクとどうか別れて下さいとも。
無言で母の言葉を聞くスヒョン。

bo-i13wa7

私たち家族は穏やかに幸せに暮らすのが望みです。

結婚する気はありませんよね?
母は、泣きながら不安でたまらないと言った。

bo-i13wa29

こんな時、ジニョクは何を作っているのかしら?
来週につづけよ・・・(内村さんのナレーションが聞こえた瞬間・・・嘘!)

bo-i13wa8


うん〜〜〜やっぱり母が・・・でしたね。
私が母でも、同じことを言うかも・・・


さて、今週も悩みました〜〜
 私が選んだ1番は・・・これかな!!世のボゴムファンの願望ではないかと・・・(笑)
では、また

12