ボゴミーの「雲が描いた月明かり」をまた観てます。
二年半前にしっかり嵌まって観たはずなのに…びっくりするほど記憶が曖昧で
覚えてない場面が多くて ほとほと自分が嫌になった〜〜
おかげで新しいドラマを見てるみたいに
また、世子に嵌まってるよ〜(笑)←それでいいのか私

「ボーイフレンド」は、何年経っても覚えていたい←きっと無理だと思うけどねぇ〜(笑)

さて、物語は中盤です。いよいよウソクとの直接対決が始まりますね!
では、12話スタ〜〜〜〜〜と!!!!

bo-i12wa

ウソクはジニョクを訪ねていく。
自宅近くまで訪ねてきたウソクに 何の用ですか?と聞くと
ウソクは 「僕が一目惚れをして、今も愛している僕の女の件で来た」と言った。

bo-i12wa2

「俺の女の件で来た」と言われ
いつも穏やかなジニョクの顔色が変わった!

bo-i12wa1

「”俺の女”はあなたの勝手な幻想です。忘れます」とジニョクの怒りが感じられる言葉。

「君は力不足だ、若くて平凡な男に見合う相手を探すのが正しい」とウソクの反撃も
かなり圧迫感がありジニョクにプレッシャーをあたえます。

bo-i12wa1

【余談】 ウソクって必ず「寒いな」って言うんですよね。
これってウソク演じるチャン・スンジョさんのアドリブなのでしょうか?
それとも脚本家の遊び心?って感じでしょうか?気になります

bo-i12wa3

一方、ジニョクの父ジャンスは、スヒョンのオフィスを訪ねます。
「親は心配が先立ちます。二人とも苦労するとお分かりでしょう。
息子の言う通り応援しても大丈夫ですか?」と気持ちをスヒョンに投げかけます。

スヒョンは、「悩ましいでしょうが、どうか見守ってください。」と自分の気持ちも
ジニョクさんと同じだと伝えます。

bo-i12wa

その後、スヒョンはジニョクに電話をします。
無償に会いたくなる時ってあるよね〜やっとスヒョンもその気持ちをジニョクに
出せるようになりました。
二人はタッパルを食べに行きます。←タッパル(鶏の足の甘辛煮)

bo-i12wa3

二人ともすごく会いたかったのよね〜
ジニョクは、スヒョンに
「なぜ僕が好きなんですか?」と尋ねます。

bo-i12wa5

「何かあった?」とスヒョン←そうそう、ウソクのせいですって!
スヒョンはジニョクに
「世界にただ一人のキムジニョクだから好き。」と言い

bo-i12wa4

感動して泣きそうなジニョク・・・

bo-i12wa6

ウソクの力不足って言葉が吹っ飛んだよね。
気を良くしたジニョクは
「泊まりに行く!」ってサラッと言っちゃう甘え上手な年下男
「遅いから帰って」と言うスヒョンを無視。
「人間睡眠薬の僕が寝かせてあげる」って←マジか!

で?スヒョンのマンションに来た!!
一緒に寝るのか?←寝るみたい(笑)

bo-i12wa8

「眠れないから帰って!」って言うスヒョンに
「スヒョンさんが眠ったら帰る」・・・だって。もう〜〜たまらんね

bo-i12wa11

「こんなにいい子にしてるのに〜」ってジニョクは言うが・・・
それって悪い子だったらどうするの?って突っ込みたくなるからやめて!

bo-i12wa9

「ドキドキしないで寝て」に撃沈

もう、ドキドキしないで寝るしかない!はい!ドキドキしないで寝てってば!
眠れないったら〜!(笑)←ぜんぶ私の台詞です( ̄▽ ̄;)!!
おとななスヒョンはジニョクに合わせて寝ることに・・・

bo-i12wa5


「毎日 こうやって眠りにつきたい・・・僕たちにも そんな日がくるよね?」
うわぁ〜〜〜〜どう考えてもプロポーズやん、、、みたいな ニヤニヤが止まらない。

bo-i12wa6
bo-i12wa10

スヒョンには、人間眠気覚ましでした。(しあわせそう〜〜)

bo-i12wa7



さて、トンファホテルの臨時総会が開かれ、ウソクが共同代表に就任しました。

bo-i12wa8


挨拶に来たウソクにスヒョンが「意図は何?」と尋ねます。
「チャ・スヒョンの密着保護」だと言う。
相変わらず意味不明な答え方しかできない男。
「初日だから一緒にランチでも」とスヒョンを誘うが
「お引き取り下さい、チョン代表、面会も連絡も秘書を通してお願いしまう」と
冷たくあしらわれる

bo-i12wa13

スヒョンの”バッサリ”にもめげないチョンウソク代表、ある意味すごい鈍感な奴なんかも。
そして、わざわざ広報部に立ち寄り挨拶をする幼稚な対抗心な男。

bo-i12wa9

ジニョクは、ストレスを感じてるスヒョンを思って癒される植物を探し
香りの良いイトスギをプレゼントする。

bo-i12wa11

チョン代表がトンファホテルに関わる事になりジニョクを心配するヘイン。
ジニョクは、チョン代表が自分を訪ねて来たことを話します。
ヘインは怒ってそんなの気にしないで、と励ましますが・・・
ジニョクは、僕より代表の方が心配だと言って、またまたヘインをがっかりさせてしまう。

bo-i12wa10

共同代表になりホテルでの仕事も多くなったウソクは、
ジニョクとも頻繁に顔を合わせる事になるのだが…

単刀直入に「これが彼女のためですか?」と尋ねるジニョクに
「彼女を守ると決めた僕の意地だ。君の勇気と僕の意地どちらかが負けるだろう」と
自分が勝利するかの如く強気で攻めてきます。
スヒョンを心配するジニョクは「このホテルはチャスヒョン代表の人生です。」と言うが
「チャ・スヒョンは僕の人生だ。」と答え勝ち誇ったように去っていく。

bo-i12wa12

スヒョンは、かなり凹んでます。
そりゃそうよね。
今まで自分のホテルだったのが、代表が二人になったのですから。

bo-i12wa13


さて、ジニョクの弟ジンミョンは、ヘインの事が好きなんですね。
兄ジニョクに片思いのヘインを 勇気付けようとしてます。

bo-i12wa15

ジニョクは、残業するスヒョンにサンドイッチの差し入れ(サブウェイ好きですよね)
チーズ入りステーキサンドイッチ美味そう!

bo-i12wa14

ウソクの事が気になるジニョクは、スヒョンに申し訳ない気持ちになります。
そんなジニョクに「あなたがいたから不安感がなくなり力がでた」と言うスヒョン。

bo-i12wa15

スヒョンは、初めて「愛してる」と言い・・・
揺らがない気持ちをジニョクに伝えました。

bo-i12wa18


そして、こちらのカップル
イ・デチャン兄とチャン・ミジン秘書は順調!二人は付き合うことになりますが…

bo-i12wa17
デチャン兄の無神経さも最高で…デートで高級レストランに軽トラで来ていたんだよね〜
そりゃ〜プライドの高い秘書姉さんには、衝撃だわ〜
bo-i12wa16

自分に相談もなくトンファホテルの共同代表になったウソクに
「私の意向に反して出すぎたマネをするなら息子でも許さない」
キム会長は、ホテルだけ回収したいようですが、スヒョンとの復縁も許さないと言いながら
テギョン前会長の法事に着る服をスヒョンに贈り相手の出方を見る魂胆。
よりを戻すなと言うなら法事に呼ばないでと言うウソクに必ず来させると強気の母。
もし来なかったら…スヒョンの決別宣言よ、とあきらめきれない息子に引導を渡すつもりですね。

”許さない”連発にどうするウソク〜〜!
ウソクはこんな母の元で何ができるのでしょうか?

bo-i12wa19


足を怪我をしていたイ先生の快気祝いをする事になり、父ジャンスは、
ワインのお返しにスヒョンも呼んだらどうだと提案する。

bo-i12wa20

自宅の食事会に誘われたスヒョンは、少し緊張しながらOKの返事をする。
しかし・・・チョン秘書に明日の夜は、大事なテギョンの法事だと聞かされる。

bo-i12wa19
bo-i12wa18

偶然、ジニョクもテギョンの法事を知る事になり・・・ テギョンから受ける圧力を懸念して、
イ先生の食事会は延期になったとスヒョンに嘘をつきます。

bo-i12wa25

しかし、チャン秘書のたわいもない話から、ジニョクの家で食事会が行われる事を知ったスヒョン。
ジニョクが自分の為に嘘をついたことに気づき、心を痛めます。

そんな中、母から電話があり
「お願いだから、今回だけは我慢して行って・・・」と懇願されます。
大統領選挙を控え、テギョンの助けが必要だと思っている母もあきらめがつかないよう…

bo-i12wa26

テギョンから届いた喪服・・・
テギョンの祭祀に参加することが離婚の条件となったいたスヒョン。

bo-i12wa253

キム会長の邸宅では、当然の事のようにスヒョンの到着を待っているわけで…
邸宅の外では、記者たちもスヒョンの到着写真を撮ろうと待ちかまえていた。

bo-i12wa27

ジニョクの家では、食事会の準備も整いイ先生の到着を待っていた。
もちろん、スヒョンは仕事で来られないと家族には話したいたが・・・
そこに、ピンポーンと呼び鈴がなりジニョクが出迎えに・・・

bo-i12wa28

そこにいたのは、イ先生ではなく・・・
スヒョンでした。

bo-i12wa24
bo-i12wa23

信じられない思いと、同時にスヒョンの大きな決心に目頭が熱くなるジニョク。

bo-i12wa22
bo-i12wa21


출구가 없다 
出口がない

당신한테서

君から

헤어지는 방법이 없어
別れる方法がない


bo-i12wa26
bo-i12wa20


もう〜〜〜来週が怖いんですけど〜〜おっとけ〜〜!!

bo-i12wa0


さて、今週も素敵なぼごみーがいっぱいで迷いますねぇ〜
私が選んだ1番は・・・泣きながら笑う・・・こちらです!!では〜また

IMG_20190111_000430