令和に沸いたゴールデンウィークも終わっちゃったね〜

「ボーイフレンド7話」も健気な癒し系ジニョクに心を鷲掴みにされます。
さて、早速・・・・スタ〜〜〜〜〜と!!!

bo-i7wa33

スヒョンが記者の前で”SOMEの関係”(好感を持つ関係)を公表したことで
案の定、母から責め立てられます。しかしスヒョンは
「今まで役に立つ娘だった、これからは私の人生を生きようと思う」と宣言し
母に人生を探す意志を示します。

bo-i7wa50

会社に戻ったスヒョンはジニョクに電話をし、後片付けに追われる広報チームの部屋に
挨拶に訪れます。

bo-i7wa49

「今日はお疲れさまでした。期待以上の開業式でした」と広報チームを
労うスヒョンですが〜〜〜広報チームの皆様は・・・

bo-i7wa43

突然の代表の訪問に・・・こんな感じ(笑)

bo-i7wa41

そして、ニヤニヤが止まらない嬉しさ満開のジニョクはこんな感じ(笑)

bo-i7wa42

皆が帰った後、スヒョンはジニョクに
「今日が1日目! テギョングループに売られた私でもホテルに命懸けの私でもない
好きな人を理由もなく非難させる私でもない。初めて気がせいせいします」といい
ジニョクに心配しないように伝えた。

bo-i7wa44

一方、ウソクは・・・こんな感じ
そりゃ〜落ち込むよね・・・

bo-i7wa22

チェ会長は、昨日の記者会見の記事を止め、その責任をチェ理事に追及する。
「後始末を頼むわね」とキム・ジニョクを地方に飛ばしてクビにするよう命令する

bo-i7wa56

スヒョンと夕食の約束をしていたジニョクの前にやってきたのはウソク・・・
「束草のハプニングは事実かな?」と確認する。
ジニョクは、代表が決意して言った事は事実であるとし
「あなたが確認したい理由は何ですか?」とウソクに質問する。

bo-i7wa31

ウソクは、「理由?」と苦笑いしながら
「オッパマウム(兄の心)」と気持ちを隠しながら答えます。

bo-i7wa51

オッパマウム←ウケる 
何だよそれ〜〜!!だよね。
ジニョクにしてみれば、元ダンが気になると思うけど兄心で聞く?って
スヒョンにも「オッパマウムって何?」って聞くんだわ〜〜そこはかわゆすよね。

さて、無事に誰にも邪魔されず初デートを楽しむスヒョンとジニョク・・・
しかし、夕食を共にする二人の距離感が微妙なんですけど(笑)

bo-i7wa48

今日一日の出来事を話す二人。
同僚たちの視線が気になるとか、記者会見の記事は誰かが止めただとか。
お互いに気遣い合う様子がまだぎこちないのだが…
ジニョクは唐突に「好感を持つ関係をやめたい」とスヒョンに言った。
しかし、それは「好感ではなく確信になったから〜」とスヒョンを驚かせる作戦。
二人はこれから何をする?・・・などを話しながらひと時の幸せを実感する。

bo-i7wa19

キム会長は弁護士を呼び出し
スヒョンをトンファホテル代表の座から引き下ろそうと動き始めた。

bo-i7wa52

ホテルでは、スヒョンの私生活を口実に緊急理事会が開かれる。
チェ理事と役員たちはスヒョンを威嚇し追い詰めようとしていた。

bo-i7wa61

チェ理事には、もう一つ仕事が・・・

年越しイベントの企画の為に残業をしていたジニョクのもとにチェ理事がやってきた。
「近々、君は束草ホテルに異動になる。」

bo-i7wa17

ジニョクが異動になる理由をたずねると
「代表との関係が騒ぎになれば、彼女の地位が脅かされる。
テギョンの咳一つで代表は吹っ飛ぶ。君を異動させることで手を打ったから、
代表に泣きつかないように、事態が悪化するから」と言う。

bo-i7wa60

代表の席が危険だという事実まで知ることになり複雑な心境になるジニョク。
残業を終えて帰ろうとしたとき、エレベーターの前でスヒョンに会う。
(ちょっと・・・泣きそうな感じに見えるのは私だけ?)

bo-i7wa7
bo-i7wa16

ナム室長のおかげで二人で帰宅することに・・・
ジニョクは、先ほどのチェ理事の話を思い出し、これから起きる困難を背負う決意をします。
そして、スヒョンに心を見透かされないよう・・・
「人はよい記憶があれば生きる支えになります。もしも僕たちに厳しい試練が訪れたら
キューバから今までのよい記憶で耐えましょう」と話します。

bo-i7wa36

部屋に戻ったジニョクは、束草からソウルまでの距離を確認してみる・・・
高速バスで2時間半・・・
(近いようで遠いよね。東京から静岡くらいだもんね〜)

bo-i7wa37
bo-i7wa54

キム会長は、党の統合に難色を示すスヒョンの父、チャ議員の身動きを止める為
食事の席を設けた。怒ったチャ議員は食事を断り席を後にしたが、キム会長が
事前に記者たちを集めていた為、会合が明らかになった。
チャ議員は記者たちにファミン党のキム代表との統合の意思がない事を話す。

bo-i7wa59

一方、辞令問題で心が落ち着かないジニョクは、目的もなく走っていた。

bo-i7wa38

漢江にたどり着いたときに、急にスヒョンが恋しくなり、
スヒョンのマンションまで走って行くことに・・・

bo-i7wa8

買い物から帰ってきたスヒョンに出くわした・・・

bo-i7wa24

家で水を一気飲みするジニョク・・・
何があったの?とスヒョンは聞きます。

bo-i7wa18

「漢江まで走るつもりが、漢江を見たら代表に会いたくなり、携帯を調べたけど
写真が一枚もなかった、ここまで走ったら疲れて帰れるかと思ったら、もっと
会いたくなりました」
スヒョンは「いつもジニョクさんが駆け付けます。 束草も家にも・・・」と
「ストーカーみたいかな?」と遠慮がちに聞くジニョクに
「いいえ、彼氏(ナムジャチング)みたい」と答え
ジニョクは幸せな気分になります。

そして、二人で写真を撮ります。

はな、どぅ〜、せっ!

bo-i7wa13
何枚とるの?いっぱい撮らなきゃ!!
bo-i7wa5
bo-i7wa14
bo-i7wa15
bo-i7wa2
bo-i7wa20

部屋の中で、サンダルとオーナメントを見つけるジニョク。
ジニョクと同じくスヒョンの中でも自分が特別な存在になっている事を
目で見て確認する事が出来て勇気をもらう。

bo-i7wa46

ジニョクは束草に行く決心をする。

そして、父に束草に異動になる事を話し、母が心配しないよう助けてほしいと相談する。

bo-i7wa28

ジニョクはいい息子です。
そして父もいい人のようです。
「努力に終わりはない、積み重ねていくものだ」と助言。
息子に起きた変化も察するのでした。

bo-i7wa12
息子が離れて暮らすのは寂しいよね。bo-i7wa1

翌日、束草ホテルに異動の辞令が出ます。
丁度、スヒョンは上海出張の為、会社を出たばかりでした。

不当な異動を受けようとしているジニョクを見たヘインは、
キム部長の携帯を借りて代表に電話をかけます。

bo-i7wa222
bo-i7wa58

上海へ出帳するため空港に向かっていたスヒョンは、ヘインからの電話で
ジニョクの異動のことを聞きます。そして
すぐに出張を取りやめて会社へ戻りチェ理事を呼び出すのです。

bo-i7wa39


あ〜〜〜予告見たら来週が楽しみ



今週の一番のぼごみーは・・・
これにしましょう!!!
「もう〜〜!何枚とるの?」と言ってそう〜〜〜(笑)
でも、この笑顔にメロメロになるのである 
じゃ〜〜また

bo-i7wa27