「普通の恋愛」は、2012年 2月にKBSで放送された4話完結のスペシャルドラマです。

p08_27

殺人事件で兄を失った青年と、殺人容疑で指名手配中の父をもつ女性。
出会ってはいけない2人の哀しい愛と赦しを描く切ないロマンスです。
ドラマ好きの友人からのお勧で、どうしても見たくなって DVDを探しました(笑)

p08_26

主演は、「七日の王妃」で嵌まってしまったヨン・ウジン君←そこかい(笑)
「烏鵲橋[オジャッキョ]の兄弟たち」のファン・テピル役が大好きで、
わたし的にはU-KISSのスヒョンさんの口元に似てて好きな顔のタイプ
(前にも言ったような・・・)
「男が愛する時」ではシン・セギョン相手にソン・スンホンから女を奪う
強烈なベットシーンで話題になりましたが、映画ではホモ役もこなす個性派(爆)
「離婚弁護士は恋愛中」や「恋愛じゃなくて結婚」など、明るいキャラも魅力的です。
 

p08_09

 そして、ヒロインはユ・ダインさんなんだけど、ドラマでユ・ダインさんを
見たのは初めてかと思ったら・・・
デビュー作は「乾パン先生とこんぺいとう」の生徒役なんだって!
(乾パン先生のレビューは何度も書きましたが、ぜんぜん覚えてません

p08_28


さて、4話完結なので詳しい内容は控えたいと思いますが・・・

兄を殺した男の娘だと知りながらも、彼女の事が気になり 意図的に
ユネ(ユ・ダイン)に近づいたジェグァン(ヨン・ウジン)
逃れられない運命なのよね・・・
立場は違えども事件によって自分の人生が 変わった二人・・・
普通の恋愛がしたいと思っていても容易ではない
そんな、苦しい様子が描かれている作品です。

p07_06

普通の恋愛って何だろうと思いながら気になった台詞は
彼女の名前を知りながらも「クッチョッ(そちら)」と呼ぶところです。
「そちら」って呼ばないじゃない友達でも知り合いでも、ましては恋人だったら・・・
惹かれ合っても、距離を置く二人の気持ちがとっても切なくて。

d0060962_19172841

触れる度に切なく、映像も手だけのシーン、足だけのシーン、背を向けたシーンと
見ているだけで苦しくなるような映像表現も見どころじゃないかなと思います。


また、最終回の場面で、二人の恋愛観が変わる場面、切ないですが、本当に良い
エンディングシーンで感動でした。
(注意:下の動画には最終回の場面が含まれています)



その他にも、殺人犯の父役で「ミセン」のイ・ソンミンさんや
殺された息子の母役でキム・ミギョンさんも出演。

このドラマには、犯罪の被害者家族のみならず加害者家族の現実、そして
母と残された息子の確執や今まで知らなかった兄の秘密など、さまざまなストーリーを
織り交ぜ、切ないながらも見終わった後は、とても感動し清々しさも残ります。

良いドラマでした。是非・・・


389