たまに聴きたくなるユ・ジェハさんの曲
本人の映像がほとんど残っていないのが残念ですね。

1987年11月、まだ25歳の若さで交通事故で亡くなられたユ・ジェハさん、
デビューソロアルバム「愛してるから」は、名作として今でも語り継がれ、
多くのアーティストがカバーしています。 


ユジェハ

好きな曲をご紹介します。

まずは、「僕の心に映った自分の姿」です。
ドラマ「私のおじさん」のOSTになっていたので聴いたことがある方もいらっしゃるかな。
この曲は、いろんなドラマで使用されていたり、良く俳優さんたちがファンミ等で披露する
定番の曲でもありますね。
ドラマ「私のおじさん」ではクァク・ジンオンさんがカバーしています。
この方、スーパースターKの方ですよね!うまいです。




「愛してるから」はアルバムのタイトル曲ですね。
彼の30周忌にスジちゃんがカバーしています。


우리 이대로 영원히 헤어지지 않으리
僕ら このまま 永遠に 別れないだろう


彼の感性は、今もたくさんのファンに受け継がれていると思います。
スジさんのMVの冒頭に出てくる方が、ユ・ジェハさんです。
このテレビ出演が最初で最後の動画のようです。





以前パク・ヘイルさんの「殺人の追憶」の映画の事を書いた事がありますが、
犯人がラジオ番組にリクエストする曲にユ・ジェハさんの「憂鬱な手紙」が
使われていて、気になって調べたのを覚えています。

動画は、今は亡きSHINeeのジョンヒョンが歌ったのがありました。
彼もユ・ジェハさんのファンだったようです。




「遮られた道」この曲も大好きです。
ドラマ「未生」の挿入歌でもありました。


見えそうで見えない ゆらめく霧の中に重なった道 
掴めそうで掴めない 遠ざかる虹のような道
どこで僕を待っているのか 見回しても見つからない
君よ、力になってくれ 僕に与えられた道を見つけられるよう 
君よ、道を放ってくれ 遮られた僕の道を

こっちへ行こうかあっちへ行こうか ぼんやりと眺めてばかり
引き寄せられるように去る人は 自分の行く道を見つけたのか
手を振って見送った後 さみしさだけが僕を包む時
君よ、力になってくれ 僕に与えられた道を見つけられるよう 
君よ、道を放ってくれ 遮られた僕の道を





男性が歌っても女性が歌っても、その歌詞に共感し癒され懐かしむ曲
今でも彼は後輩たちの心の中に生きているのですね。