はて?兄さんを間近に見るのは何時ぶりかしら?
懐かしい〜この鼓動 いい感じです。

IMG_2220

(ネタバレ注意)

さて、今回の作品「メイビー、ハッピーエンド」は3人芝居。
私は、こうした少ない人数でのミュージカル作品を見るのは初めてでして
どのようにして作品を作っていくのかも楽しみ

IMG_2222


男性ロボットのオリバーと女性ロボットのクレア、そして一人で何役も演じる
謎の人物が登場します。これがナモさんの役で、謎の人物といましたが、
お話の中では、ロボットの元の雇い主ジェームズだったり、ニュースキャスター
郵便配達員、そしてクレアの友達、モーテルの従業員という感じで大忙し
ナモさんの5役の演じ分けも見どころです。


オリバーやクレアは、かつては人間のために働いていた人型ロボットでした。
5型ロボットオリバーの冒頭のシーン・・・
彼の部屋に訪れる郵便配達員に同じ対応、同じ言葉をかけます。
これもロボットゆえ、「ありがとう」に「どういたしまして」と反応するプログラムに
なっているんですよね。
そんなやり取りの中でオリバーの優しい性格や、ちょっと子供っぽい、恥ずかしがりやの
感じがとても良くわかります。

DbYDIHlWAAAlH9b

一方、クレアは、オリバーよりも新型の6型ロボット。
バッテリーが壊れてしまい、隣に住んでいたオリバーに助けを求めてきますが・・・

結局、充電切れで動かなくなってしまったクレアを自分の部屋に運ぶんですよ〜
兄さんが、そ〜〜っと彼女のわきから手を入れて・・・ずるずるずる・・・と
いやいや、こんなところでドキドキするなんて注意:きっと見た人は興奮しません

接し方がわからないオリバーは、クレアに応答する手段に糸電話を使ってきます。

ここで、問題解決!!
この糸電話のイラストだったんです。
C_TOuqNVwAIWiY5
DaU-6XIU0AEfdWl


そんなオリバーの夢は・・・・
もう一度、済州島にいるジェームスに会いに行くこと。
その為にロボットに禁じられている事を密かに行っています。
(ロボット世界にも法律があるんですね・・・みたいな感じ)

クレアの夢は・・・ 済州島のホタルを見に行くこと。
割と突拍子もないクレアは、今すぐ済州島に行こう!!とオリバーに提案します。


済州島のジェームズの家を探しだしたオリバーですが、
クレアはオリバーを引き留めようとします。
「あなたが傷つくから会わない方がいい・・・」と。
クレアは、自分の雇い主に傷つけれれて、記憶のプログラムをリセットしていたんですね。
リセットしても人間に対する不信感は残ってるなんて・・・
苦痛は消えない・・・ってことなんでしょうか。
このお話は、ロボットの設定なのに心に突き刺さる痛みが感じられます。

それでも、ジェームズを信じているオリバーは彼の家へ向かいます。
しかし、ジェームズはもう、この世にいませんでした。
戻ってきたオリバーの手には、ジェームズからの最後の贈り物が…(形見ですね)
クレアは、その贈り物に感動します。
ジェームズは本当にオリバーを友達のように大事にしていたのだと。

今度は、クレアの夢をかなえに蛍を見に行く二人。
オリバーとクレアには、自発的な愛のプログラムは入っていないんですよ。
互いに二人は、人間のように“愛”という感情を知っていくんです。
しかし、幸せな日々は続かず・・・
旧型ロボットは、故障しても徐々に修理する部品がなくなり寿命を迎えます。
ロボットゆえに自分の寿命が正確に判断できてしまうんですね。

DaJmTTEVQAAvlOp

もう、この辺から涙腺がマヒし始めて・・・
兄さんがぼやけてしまい、必死で上を見ながら涙を堪えましたよ。

そして、最後の場面。

二人は記憶をリセットする約束をして、劇も最初の場面に戻ります。
そう、充電器が壊れて・・・そしてオリバーが・・・ん?
最初の場面とちと違います。
それは、オリバーは記憶をリセットしてないからなんだ〜〜!!と気付いた時には
涙がび〜んヽ(TдT)ノやばかったです。
 
IMG_2219


良かったよ〜〜!!感動したよ〜〜!!
さて、ざっとあらすじを書きましたが、今日はもう少しじっくり泣かずに
見られたらいいな〜と思っております!では・・・

0501


スポンサードリンク