DearCloudのメンバー、ナインさんのインスタに上がっていた
ジョンヒョンの遺書を読みました。
読みながら涙が止まらなくて・・・苦しくて・・・



 <ジョンヒョンの遺書全文>

僕は体の中から壊れてしまった。
じわじわと僕を蝕んでいった憂鬱は結局、僕を飲み込み、僕はそれに勝てなかった。
僕は自分を憎んだ。
切れ切れになる記憶をつかんでいくら気を引き締めろと大声で叫んでみても答えはなかった。
詰まった息を再び息できるようにすることができないなら、いっそ止めてしまったほうがいい。

僕の責任を負えるのは誰なのか尋ねた。
君だけだ。
僕はたった一人だった。終わらせるという言葉は簡単だ。終わらせることは難しい。
その難しさのために今まで生きてきた。逃げたいだろうと言った。その通りだ。
僕は逃げたかった。僕から。君から。

そこにいるのは誰かと尋ねた。僕だと言った。また、僕だと言った。そしてまた、僕だと言った。
なぜそんなに記憶を失うのかと聞いた。性格のせいだという。そうなのか。
結局、全部僕のせいなんだ。気づいてほしいと願っていたが、誰も気づかなかった。
僕に会ったことがないのだから僕がいることに気づかないのも当然だ。

なぜ生きているのかと尋ねた。ただ生きてる。ただ生きてる。みんなただ生きている。
なぜ死ぬのかと聞かれれば疲れたからだと言うだろう。苦しみ、悩んだ。
うんざりするような痛みを歓喜に変える方法は教えてもらったこともなかった。
痛みはただの痛みだ。そうするなと僕を責めた。なぜ? 
僕はなぜ僕の心のままに最期も迎えられないようにするの? 
なぜ痛いのかを探せと言った。すごくよく知っているさ。

僕は自分のせいで痛い。すべて全部、僕のせいで、僕が悪いからだ。

先生、この言葉が聞きたかったんですか? いいえ。僕は何も間違っていない。
小さな声で自分の性格を責めている時、医者は実に軽く考えた。
なぜこんなにまで痛いのか不思議なことだ。

僕より辛い人たちもうまく生きたのに。僕より弱い人たちもうまく生きたのに。違うようだ。
生きている人の中に、僕より辛い人はいなくて僕より弱い人はいない。
それでも生きなさいと言った。
なぜそうしなければならないのか数百回聞いても、僕のためにではない。
君のためにだ。僕のためにしたかった。どうか分かりにくいことを言うのはやめてください。
なぜ辛いのかを見つけろとは。何回も言ったじゃないか。
なぜ僕が辛いのか。じゃあこれくらいの辛さではダメってことなのか? 
もっと具体的なドラマがなければならないのか? もう少し事情がないとだめなのか?
もう言ったじゃないか。ひょっとして聞き流していたんじゃないのか? 
打ち勝てることは、傷跡として残らない。
世の中とぶつかることは僕の役割ではなかったようだ。
世の中に知らされているのは僕の人生ではなかったようだ。
全部、だから辛かったんだ。ぶつかって、知らされたから辛かった。
なぜそれを選んだのだろうか。お笑いだ。今まで耐えていたのがえらい。
これ以上、何の言葉を加える? そのままお疲れ様、と言って。
これぐらいならよくやったと。よく頑張ったね、と言って。
笑うことはできなくても、責めたまま死なせないでほしい。
お疲れ様。
本当に頑張った。
さよなら。    


20171219160952895379_0_700_981

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

繊細だった君は、心に住み着いた黒い犬とともに逝ってしまった。
記憶をどこかに落としてしまうくらい、重いお荷物を抱えて
生きる理由を問いながら、自分の存在に気づいてほしいと願いながら、
君が夢見た幸福の扉は、何色だったのだろうか?
私は祈る。君が心のままに、自分らしくいられる場所にたどり着くことを。





スポンサードリンク