ゴールデンタイムチームは、ジニョク(チャン・ヒョク)のGPS情報から
最後に発信を確認した場所を探し追跡していた。追跡するオ・ヒョンホ(イェソン)

C4Y5xQYVUAEySGO
C4Y5xQXVcAEW-_b

ジニョクはナム・サンテ(キム・レハ)に倉庫に縛られ命が危険な状況だった。
「ウンヒョン洞殺人事件の真犯人を探していると聞いたが、見つかったのか?」
「お前か、妻をお前がそうしたのか?」
「あ〜オレがそうした」

201702112357234110_12

ジニョクは、隙を見て逃げ出し駆けつけた警察の助けで無事に救出された。

そして、ナム・サンテが、ファン・ギョンイルを殺した男の歩き方にそっくりだったことと、
ウンヒョン洞殺人事件の真犯人だと確信したことをクォンジュに話す。

警察庁長官は、不機嫌そうに「彼はどうして他の人に迷惑になる事をするんだ」とジニョクを
非難するが、クォンジュは「ファン・ギョンイル事件で私たちを信じてくれれば・・・
この事件は起きなかったはずです。私たちも見えない犯人に対して恐れ、怯えを感じています。
しかし市民を守り犯罪者を捕まえるのが私たちの義務だと思っています」と語った。

タダならぬ雰囲気に・・・オ・ヒョンホ「いったいどうなっているんだ・・・」とウンスに愚痴る(笑)

C4YwvR_UMAEV4uZ
C4eHLf0WEAEGAap

指名手配となったナム・サンテ(キム・レハ)だが、彼は45歳・・・
クォンジュは自身が3年前聞いた声はもう少し若かったと思っていた。

8wa2

シム・チュノク(イ・ヨンニョ)は釈放されクォンジュの元を訪ねてきた。
当分の間、どこかで保護しますか?と心配するクォンジュに
「お世話になりました。ありがとうございます。友人の家に行きます」と礼を言った。

さて、キム・ジェウクがいよいよ登場しましたね〜

8wa1

ソンウン通運の社長モ・テグ(キム・ジェウク)は警察に追われるナム・サンテに
電話をかけて物静かな語り口で「兄さん、しっぽをつかまれたのか?
兄さんがした仕事だから自分で後始末するのは当然じゃない。」と言う。
そして・・・
彼は、運転中に喧嘩になりそうになった男を睨みつけ、その間、男の口が裂ける想像をする。
(まるで13日の金曜日のジェイソンのお面のような口に・・・)
この場面から、精神疾患の病気では?と思われます。


さて、ここでオ・ヒョンホ情報が出てきました!!

C4cyFrWUMAIPcXA

彼のお父さんが経営するレストランがあるようです←同僚の話だと
彼は裕福な家の息子なんですねぇ〜来週のDJパーティーが楽しみです

VOICE_170207_021

シム・チュノクは、ゴミ屋敷のアパートに戻り死んだパク・ボクスンのために祈りを捧げていた
そこへ、黒いパーカー姿の男が現れる。

VOICE_170207_037

その男は、チュノクの携帯電話で112通報センターに電話をかけた
オ・ヒョンホが出る。

C4Yzi9oUMAAYbRD

「この番号、どこかで見たな・・・」と
「もしかして、シム・チュノクお祖母さんですか?」と何も言えないチュノクに
「タウンハウスの104号室にいますか?」と位置確認するが・・・
チュノクは「助けて・・・」と言い
電話は切れてしまう。

C4dLk4gVUAMxoN0
C4eHOW-XUAAvtU9

シム・チュノクは残忍な姿で殺されていた。
犯人は、何度も鈍器で殴り殺害し、死体をクローゼットの中に釣りかけて・・・

VOICE_170207_047


時間のトリックも気になります。クォンジュは、犯人がゲームを仕掛けていると・・・
携帯電話からはナム・サンテの指紋が発見されますが、この時のテシク(ペク・ソンヒョン)も
怪しい〜〜〜って思いました。気のせいでしょうか?

最後のオ・ヒョンホの登場は、初チャンヒョク先輩との絡みのシーンでした。

C4eKRdGUYAEeLmi

この時のオ・ヒョンホが調べた事は、聖書の詩編

「死体の前に置かれた鏡について調べました。
彼が次の目標を語っていると思います。
鏡に反射したものが次のターゲットであると・・・」

C4eKRdFUkAAng70
VOICE_170207_081

スポンサードリンク