ム・ジニョクは生活苦に追い込まれた凶器暴動犯(ユン・ギョンホ)が
認知症のお祖母さんパク・ボクスン(イ・ヨンニョ)を威嚇しているという申告を受けて出動した。

VOICE_170203_037

暴動犯はパク・ポクスンが夜遅くまで何か切るのに騒々しい声を出しストレスを受けたと・・・
この時、ジニョクはパク・ポクスンの体からラックス(漂白剤)の臭いを嗅ぎ、
クォンジュにパク・ポクスンの裏調査を頼んだ。

201702112259554110_12

パク・ポクスンは6ヶ月前、自分が死んだらホームレスシェルターに家を寄付することにしていた。
また、クォンジュの話によればパク・ポクスンが甲状腺がんの手術をした記録があるにも
かかわらず声がとても元気に感じられると・・・
この時、暴動犯が衣装ダンスで死体を発見する。

VOICE_170202_079
VOICE_170202_060

死体は認知症のお祖母さんとそっくりだった。
この死体がパク・ポクスンだった。
そして、痴呆症の家主のおばあさんはシム・チュンオクだとわかった。

VOICE_170202_027

シム・チュンオクは整形手術でパク・ポクスンと同じ顔になっていた。
そして、シム・ヨンウン(シン・スンファン)という身体障害者の弟がいた。

VOICE_170203_045

警察はシム・チュンオクの口座に2千万ウォンが入金された事実を確認した。
また、クォンジュはシム・ヨンウンを調査した過程で不動産の話に過度に興奮する姿を観察していた。
「もしかしたら暴力団と関連があるのでは・・・」とジニョクに助言する。
ジニョクは「シム・ヨンウンが右手の指に力が入らないようだったよ」と自身も変な点を感じたと明らかにした。

C4YzhsuUEAQU8H9

パク・ウンス(ソン・ウンソ)とオ・ヒョンホ(イェソン)はクォンジュの指示を受け追加調査を進めていた。
その結果シム・チュンオクとシム・ヨンウンの背後に誰かがいるということが確実になった。

201702112259554110_14

クォンジュは、シム・チュンオクの取り調べをし「事実を知らせてほしい」とお願いした。
シム・チュンオクはパク・ポクスンのアパート(団地)を買おうと思っていたが、
暴力団が来て、シム・ヨンウンにパク・ポクスンを殺させ、脅迫にあっていたと告白した。

201702112259554110_13

ジニョクは情報屋の‘チラシ’が何か情報が入ったと連絡を受け、彼に会いに行った。

シム・チュンオクは暴力団に脅迫にあっている間、誰かが脅迫にあう姿を見たと話し始めた
彼は"‘チラシ’という人と話をしながら、どんな刑事を襲うのか話しているようだった・・・
突然狂った犬の話もしていた・・・と。

クォンジュはジニョクが危険な状況であることを察知し、ジニョクに連絡をするが・・・
その間、ジニョクは暴力団の襲撃を受けていた。

VOICE_170206_018
VOICE_170206_046
VOICE_170206_058

ジニョクを拉致したのはナム・サンテ(キム・レハ)と言う男だった。
彼は前にファン・ギョンイル(イ・ジュスン)を殺した殺人犯でもある。

ジニョクは「妻をやったのはおまえか」
と聞いた
キム・レハは「私がやった」と・・・
そして、部下にジニョクを
処理することを指示した。

201702112259554110_1