2016年の反省と2017年の抱負を年末に書くつもりでいたのですが・・・
もたもたしている間に年が明けてしまいました
今年も波乱万丈な予感がしますが、頑張らなきゃ!ですね

改めまして・・・
明けましておめでとうございます
いかがお過ごしでしょうか?

SMAPが解散し、25年間ファンだった友人が寝込んでおりました。
大丈夫かな?と心配しましたが、翌日、初売りに出かけてストレス発散した〜という彼女
私だったら、もっと寝込むよ!!と笑い話で終わりましたが、
やはり、大好きなグループがなくなるのはさびしいですよね。
私には耐えられるかな・・・いろんな事を思った元旦です。
そんな彼らのベストアルバム1位の「STAY」 (2006年 アルバム「Pop Up! SMAP」)から
歌詞をお借りしてタイトルにしました。

There will be good days
ただ笑い合って これ以上の願いはないよ
キミの笑顔の理由(わけ)が僕なら 誇らしく思うから
We’ll be together Yours ever


「きっと良い日があるだろう!笑って行こうよ」と言う希望を込めて・・・
わたくし事ですが、ここ数年、試練の年が続きました。でもめげてはおりません。
むしろ年を重ねるごとに気持ちはベストな状態になっているような気がします。

病気の時に励ましてくれる友人がいて、守ってくれる家族がいる。
心の支えになる大好きな歌手いて、そしてブログを見て下さるあなたがいる。
暮れに観ていたドラマ「華政」で共感した台詞がありました。
今年も微かな希望を捨てずに進んで行こうと思います。

「いつか何かが変わるのではなく 今日 この瞬間を闘っている人たち、明日も共に
できる人たちが希望だから常に闘う 希望とはその瞬間に抱くもの、
昨日のように泣きたくなければ、今日は別の道を行こう。」

C1QqV_7VEAAG3Ht

さて、私の心の支えの君は?というと・・・
「ボイス」の撮影で忙しいのかしら?
2016年、素晴らしい活動だったイェソン兄さんのMy favorite photo of the year
選んでみました。

なんと、これなんですよね・・・もちろん私が撮った写真ではありませんが・・・
この写真を見て、こうやって握手したい・・・と願って願って願っておりました。

CpGfdShUEAAnGog

ここで暴露するのもどうかと思いますが、昨年、ファンイベントのサイン会に当り
兄さんと念願の握手をする事ができました。

彼は「こんにちわっ!」と笑いながら声をかけてくれ、私は韓国語で「アニョハセヨ」と
お辞儀をして微笑ました。紙に書いてある名前を見ながら、サインを書く姿は
無邪気な少年のように楽しそうでした。「疲れてませんか?(韓国語で)」と聞くと
「あにょ、けんちゃなよ(いいえ、大丈夫)」と答えてくれ、その後、両手で兄さんの手を軽く握って
終わりました。その手は少し冷たくそして小さく華奢なのにがっちりしている触り心地で
間近で見た兄さんは、それはそれは想像以上に素敵で、「一生ついて行く!」と
大声で叫びたいくらい全身にイェソンオーラを感じた瞬間でした。

チケットは全滅、30枚もCDを買ってもミーグリ―に当たらず・・・と落ち込んだけど
捨てる神あれば拾う神もあると実感した2016年でした。
皆さま、幸多き一年になりますように・・・また兄さんにお会いできますように・・・
今年も宜しくお願い致します。
スポンサードリンク