ハ・ジョンウとカン・ドンウォンの映画、「群盗」を観に行きました。

悪徳官僚や富豪貴族が世を支配し、民衆は搾取と弾圧に苦しむ朝鮮王朝末期
描かれるは、貧しい人々を助ける義賊団の物語なんだけど〜〜



群盗3


時代設定が、先日まで観ていた「三銃士」の仁祖の時より200年も後の事なのに
やはり、ドラマで表せない分、映画での表現はかなりえぐい
たぶん・・・このユン・ジョンビン監督の感覚と感性であるわけだから・・・

それなりの覚悟で見た方がいいかな。

ユン・ジョンビン監督って、ハ・ジョンウさんが好きね〜〜
「許されざるもの」や「悪いやつら」もハ・ジョンウさん・・・いい役者さんだけどな〜
今回は、ドンちゃんの強烈な眼差しの強さにに霞んでしまったわ・・・



群盗11


まぁ〜男性に好まれる西部劇な感じ。
「荒野の七人」を連想したんだけど・・・映画OSTは
「夕陽のガンマン」のテーマソングのような静かな感じかな〜と。





主人公のドチ(ハ・ジョンウ)
大富豪の庶子で朝鮮最高の武官チョ・ユン(カン・ドンウォン)

盗賊の親分デホ(イ・ソンミン)
僧侶のテンチュ(イ・ギョンヨン)
玉を振り回すチョンボ(マ・ドンソク)
策士のテギ(チョ・ジヌン)
チョ・ユンの右腕(ジョン・マンシク)
弓の達人マヒャン(ユン・ジヘ)
羅洲人(キム・ソンギュン)
・・・・・などなど


群盗10


感じ方の問題だと思うけど・・・あのナレーションは要らないかな〜と。
あまりにもカン・ドンウォン演じるチョ・ユンがどうしてこうなったか・・と
生まれた時から持っていたトラウマをいちいち紹介するから、耳での情報が先に入って
映像に集中できなかったじゃん

しかも、これだけの豪華キャストなので、一人一人のキャラを確認しながら見ていくと
本題である「群盗」の意味を感じる事が出なかった。

あ〜〜私の理解力のなさなのか?


群盗9

驚いた設定があるのだが・・・この主人公の年齢・・・なんと20歳!!!

え〜〜〜まじ?だよね〜




とりわけ、良かったのは、やはりドンちゃんの美しい剣さばき
これは、あの「デュエリスト」のマネいや・・・(毒舌)再来と楽しませてもらいました。

群盗

ドンちゃんが、まるで無敵のロボットのように強い・・・・という〜〜〜www

群盗8


韓国では、前評判も良く、公開してからの観客動員も良かったのよね・・・
でも、同時期に公開された「鳴梁」とくらべられちゃったのかな?
やはり、韓国人はイ・スンシン大好きだから・・・しょうがない


群盗4


ちょっと辛口になっちゃいましたが、4年ぶりのドンちゃんを楽しみにしていたので
「デュエリスト」の時の感動を味わいたかったな〜〜〜と。


まっ、次に期待してま〜〜す!!
ちなみにドンちゃんの最新作は「世界で一番いとしい君へ」ですよ〜

20150421mbl450