このドラマって韓国では2012年11月5日〜2013年1月7日に放送されたんですね・・・
2012年の11月頃って、マビの開店にKRYの公演・・・いろいろあったから〜
すっかり、このドラマの存在を忘れていた私

ドラマの帝王 (1)


主演のキム・ミョンミンさんは「ベートーベン・ウイルス」以来だね。
「白い巨塔」で心を揺さぶる財前五郎を演じたミョンミンさんはカッコ良かった〜!
その後「ベートーベン・ウイルス」には嵌ったんだよね〜
「Category:キム・ミョンミン」

「ドラマの帝王」での役も「ベートーヴェンウイルス」のカン・マエに勝るとも劣らない
強烈なキャラ!しかも名前に吹いた!!
アンソニー・キムだって!!!アンソニーだよ〜〜!!
もう、私たちの世代だったら、アンソニーってったらキャンディキャンディでしょ
ま〜そんな事を並べていたらいつまでたっても本題に入れないから先に進むけど・・・


ドラマの帝王 (4)


ドラマ制作の裏側、視聴率をかけた争いをドラマにした作品なんだけど・・・
毒舌でパワハラなドラマ制作会社代表アンソニー・キム。
この主役のアンソニーが憎たらしくて好きになれないでも観たい・・・と言う
ジレンマから始まるんだよ〜〜どうして、そこがジレンマになるのかって?
だって、主役(ヒーロー)を好きにならなきゃドラマは面白くないでしょ?
全く好きになれないキャラなわけ〜〜( ̄‥ ̄)=3 フン

そこに出てきたのが、この人!!!!

ドラマの帝王 (7)


それが、馬さまが出演していたのも忘れてた←どんだけ〜〜( ̄▽ ̄;)!!ガーン
2012年当時は追ってたと思うんだけど・・・記憶から抜けてるぅ〜←更年期女の宿命

シウォンは、韓流スターカン・ヒョンミン役←カッコいいけどおバカで演技が下手な設定
シウォンって、スターの役が多いよねカッコつけない普通の男の役はないのかしら?
ドラマの中では、イケメン俳優なんだけど一番人間臭かった←そこも面白いとこ


ドラマの帝王 (10)


そしてチョン・リョウォンさんはキムサムスンから好きなんだな〜
幼かった彼女も34歳なんですね!!最近では「メディカルトップチーム」で
クォン・サンウさんとチュ・ジフンとの間で揺れる女医さん役で出ていたけど
この「ドラマの帝王」では、おっちゃんとの共演←(もちろんキム・ミョンミン
しかもキスシーンも・・・・・ま〜それもアリなのかな?


ドラマの帝王 (2)


彼女が演じるのは、新人ドラマ作家イ・ゴウン、アンソニーと共に自作のドラマを
作って行くんだけど・・・この毒舌パワハラなアンソニーを好きになってしまう・・・と。

ありえんティな展開なのだわ!


ドラマの帝王 (13)


トップスター女優ソン・ミナ役で出てくる彼女はオ・ジウンさんだよ〜〜〜
いや〜〜あの「笑ってトンヘ」のボンイだとは!!!!!女優って怖い
おバカなトップスター!ヒョンミン(シウォン)と幼稚な喧嘩を繰り返す大女優!!
この二人がアクセントになってコミカルな制作現場をさらに盛り上げる。



ドラマの帝王 (5)


そして脇役もすごいね〜〜
S放送ドラマ局のチーフプロデューサー役のクォン・ヘヒョさん

そうそう、「冬ソナ」からの大ファンですv( ̄∇ ̄)v


そして、日本の暴力団のワタナベ夫人として藤井 美菜さんも出ている!

この頃から韓国で活動してるんだね〜〜


そして、本当にチョイ役なんだけど・・・いつもドンへのドラマにでていた

パク・サンフンさんもいたよ!!(下の写真の一番左)


ドラマの帝王 (3)


で〜〜本題はここ!!(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?本題って??



いやだ〜〜このドラマのOSTは?



兄さんだよ〜〜



790355256



『愛に遠くて』は、ソ・ジェハさんが作曲した曲

ソ・ジェハさんってSG Wannabeの曲のイメージがあるんだけど

ファニが歌った「ロードナンバーワン」のOST「風になっても」も良かったな・・・と







ここで兄さんの声が出てくるとは・・・←記憶から抜けてるぅ〜←更年期女の宿命


「ん?誰?」ってすぐにわかって・・・なぜか超感動(TДT)・・・



。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン



ぽごしっぽよ〜〜〜〜。・゚(゚`Д)゙



ヨンウォニ クデマン

영원히 그대만

永遠に君だけ



ネ プメ アンコソ サランヘ

내 품에 안고서 사랑해

私の胸に抱いて 愛してる



やっぱり兄さんの声に敵う者はいません!!


なわけで・・・サガジのアンソニーも好きになったと言う〜〜〜〜〜




ドラマの帝王 (9)


最後は・・・仲の良いミョンミンさんとシウォン(笑)←これも演技?やらせっぽい