ゲサン君のドラマ「太陽がいっぱい」を見終わりました。

「愛してはいけない人を愛した悲劇的なラブストーリー」ってサブタイトルで
興味深々だったんだけど・・・・

いや〜〜韓国では散々な視聴率で終わった事を知っていただけに
ゲサン君とハン・ジヘという大好きな二人の出演に、逆にどうして?と疑問があって
かなり真剣に観ちゃいました〜( ̄▽ ̄)

太陽がいっぱい


きっと、ライバル番組が「奇皇后」や「密会」でなければ、ここまで低迷しなかったのかな?

何だか・・・勿体ないな〜

破滅させたいほど憎い復讐の相手と運命的な恋に落ちていく主人公のセロ(ユン・ゲサン)
彼は、タイで起きたダイヤモンドをめぐる盗難事件に関わっていた父親を亡くし、無実の罪で
人殺しの犯人に仕立てられすべてを失ってしまう。5年後、詐欺師になり復讐の為に
韓国へ戻ってくるが・・・


太陽がいっぱい5


愛してはいけない人を愛してしまう・・・なんて悲劇的なストーリーは最高に面白かった。

ゲサン君の涙の演技には、グッとくるものがあったし、ジヘちゃんのまっすぐな演技も

前評判がなければ、普通に楽しめたかもな〜


太陽がいっぱい4


ま〜わたしゃ〜ゲサン君に甘いから、評価も高いよ・・・( ̄ー ̄)ニヤリッ

だから、これから見る方には、恋って盲目なのね〜ってことを改めて感じて欲しいし
詐欺師たちが手に入れたいと思っていた目的・・・夢・・・そんなピカレスクロマンを
感じながら見たら面白いかな〜と思っています


太陽がいっぱい6



実は、このドラマを見る前にチソンの「秘密」を見終わったばかりで・・・
結構、内容がかぶるものがあり、比べて見ていました。


秘密


この「秘密」も恋人を殺した女性と恋に落ちるという興味深い内容。
愛してはいけない人を愛してしまう致命的な恋を描いたドラマなんだよね〜〜

こちらは、回を重ねるにつれ人気が高まり、最高視聴率20.6%を記録したんだけど
違いが分かる韓国人の方々は、この二つのドラマがどう違うのかお分かりなんですよね。


秘密4


ぐわぐわ的には、この「秘密」・・・

なんと言っても壊れるペ・スビンの悪人っぷりにドラマの面白さがあったかな〜と。


秘密7


ペ・スビン氏が演じたアン・ドフンというキャラクターは、正義を重んじる検察官、
そして、優しい彼氏と言う温和な人柄だった・・・

そのアン・ドフンが、人間の内側に潜在している悪の部分をさらけ出しながら壊れていく姿が
キモいし←(笑)でも最高にうまいのよね〜〜

やっぱり「太陽がいっぱい」には、彼ほど心が震える悪人役がいなかった

そこんとこ重要よね〜


秘密6


ドラマは脇役も重要だから、個性豊かなペ・スビン氏と美しいイ・ダヒさんの熱演は
重要よね!!!



太陽がいっぱい2

そして、ぐわぐわ的に二つのドラマで残念なところもあるんですが・・・

それはタイトルですよ!!

「太陽がいっぱい」ってモヤ〜( ̄▽ ̄;)!!

『太陽がいっぱい』は、アランドロン主演の映画
と同じタイトルで、この映画とは
何もかぶるところがない。で?どこが太陽がいっぱいなのかわからなかった(≡ω≡.)
誰かわかった方がいたら教えて欲しいわ!

これは、あの「赤道の男」より意味不明なタイトルよ!

同じく「秘密」もそう!

「秘密」って言ったらリュ・シウォン、キム・ハヌル、ハ・ジウォン、キム・ミンジョン!
このドラマがネガティヴな認識になったわけじゃないけど・・・

チソンのドラマを見終わった今、頭の中にあった思い出のドラマ「秘密」の
キム・ミンジョン演じる素敵な室長の姿が消え去ってしまった〜(TДT)←


20090207193320

(* ̄∇ ̄*)あはは・・・人の先入観って怖いね・・・

さてと・・・今週は、何を見るかな〜(*´▽`*)兄さんが静かな事を祈ります