ちょこちょことドラマも観ております
今、嵌ってみているのはDr.JIN(ドクター ジン)!!
5月に1話だけみたんですがねぇ〜(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

c0120210_20184568

2009年、大沢たかおさんが演じた「仁」は、毎週楽しみに見ておりました!
あの幕末の江戸を舞台とした実在人物との絡みが面白かっただけに
韓国版にするのはいいけど〜おいおい、坂本龍馬はどうするんだ?
勝海舟は?時代背景はどうなってるんだろ?ってすご〜く興味があったんですよ〜

そう言えば・・・
キム・ヒソンさんとイ・ミンホ君の「信義(シンイ)」の問題は、どうなっちゃったんですかね?
今、「信義」も録画しているんので〜この後、見比べてみようかな〜と思っています。
両方とも現代の医師が過去の世界にタイムスリップして活躍する内容ですからねぇ〜
どっちが盗作って言われてもぉ〜〜 元々日本の漫画だからねぇ〜( ̄ー ̄)ニヤリッ

そんな注目の作家さん、ハン・ジフンさんとチョン・ ヒョンジンさんの共同作品。
ハン・ジフンさんの作品を調べてみたんですけど、「美しき野獣」とか「ロードナンバーワン」
とか・・・その中で、一番好きなのはイ・ジュンギ君主演の「犬とオオカミの時間」
私の推薦ドラマベスト10に入ります!!←余談が多い(笑)
 

さて、ソン・スンホン演じるジン・ヒョクがタイムスリップするのは、庚申(キョンシン・1860年)
どんな時代だったのでしょうか?さっそく歴史の勉強しなくっちゃ!!

201207082326141110_1

ジンが出会うのは、乞食から国父になった興宣大院君(フンソンデウォングン)
第26代国王、高宗(コジョン)が即位する3年前にタイムスリップするわけですね〜

へぇ〜〜この時代を選んだのか!!!
歴史的人物との絡みを、なんと王族と結びつけるなんて!!やるなぁ〜

イ・ハウン(興宣大院君)をベテランのイ・ボムスが演じているからね〜見応えありますよ!
私は、この方を韓国の香川照之って呼んでいます!←なんでやねん!ってツッコミ自由

201206172227121110_1
(上から、イ・ハウン役のイ・ボムス 真ん中、ヨンフィ役のチン・イハン君
チュノン役のイ・ソヨンさん)

物語のエピソードは、「仁」に似ています。(例えば、ペニシリンを作ったり、コレラの流行など)
大きく設定が違うのは、外科医だったジンの妹とタイムスリップして出合ったヨンレが
(パク・ミニョン二役)似ているという設定。
ちなみに「仁」では、婚約者未来(みき)と花魁の野風さんを中谷美紀さんが演じていました。
妹を思い人にする設定は、日本ではどうかな〜〜って感じですが、
韓国ではOKなんですかね?

201207012230063210_1

小さい疑問はありますが、新しく韓国版で追加された人物が物語の深みを出してくれて
作家さんの想像力に感心しましたよ〜

キーセンのチュノンを演じているイ・ソヨンさんもミステリアスなんだよね〜
え?彼女は何者なの?(まだ最後まで観てないから不明な点が多いのですぅ〜)

なにより、この二人が最高!!!!
ヨンレ(パク・ミニョン)の兄ヨンフィ(一番最初にジンに助けられる両班の青年)と
ジェジュン演じるヨンレの許婚ギョンタク。

しびれますよ!!特に二人のシーンがナイスゥ〜〜

201206242248031110_1

ジェジュンの韓服姿に秘かに萌えます (兄さ〜ん!!

実は、一時期、ジェジュンホリックだった頃があったんですよ〜
あの〜「素直になれなくて」で上野樹里ちゃんとの共演の時、その後の
「天国への郵便配達人」は何度も映画館で見ました←余談多し

ギョンタク!!いいわ〜〜〜すごく!!!(笑)←ジェジュンが演じているから


ジンに惹かれていく許婚ヨンレに対して嫉妬と孤独に苦しみながら・・・でも
一途に愛している様がたまらないのよ〜〜演技も上手くなってるぅ〜v( ̄∇ ̄)v上から 

許婚の兄で親友のヨンフィが実は、ギョンタクが捕らえようとしている盗賊団の頭
だったんだよねぇ〜〜親友が敵となる時、どうするのか?そして、大きな父の存在!!
ドラマの中では、敵対する左議政キム・ビョンヒがギョンタクの父なんですよ〜

201206300845422410_1

ジェジュンがうるうるしながら演じる姿にキュンキュンしながら、後半戦に突入しますだ〜
今、丁度半分観ましたので〜少しずつ進めてまいろうと思います。

ジェジュンの声は、やっぱり・・・素敵ですね〜

最後に第8回、ソウルドラマアワード韓流ドラマ賞主題歌賞を受賞した
OST「生きても夢のように 」– ジェジュンの作詞です。(訳付きの動画をお借りします)