今、楽しみに観ているドラマは、この「蒼のピアニスト」
「宮〜Love in Palace」のチュ・ジフン除隊後初のドラマ復帰作ですし、大好きなチ・チャンウク君との
共演ということで、一人で盛り上がって観ています!!
何だか、ドラマの事を書くのって久しぶり〜〜〜〜v( ̄∇ ̄)v
このブログが“兄さんブログ”だと思っている人も多い(笑)
これでも、ドラマのレビューを書いていたんだよね〜〜って最近ブログを見ている人は知らないよね。

20120822_94806_t

1話冒頭、壮絶なシーンから始まるので・・・もう、ドロドロ系が好きなドラマファンにはたまらないよね!
そうそう、このドラマの脚本家は、「妻の誘惑」を書いたキム・スノクさんだからね〜〜
展開も楽しみですよ!!

さて、今5話まで観ましたが・・・いつも笑顔で明朗快活な役が多かったチャンウク君に笑顔はないの〜〜
それというのも「笑ってトンへ」で義兄弟役だったイ・ジャンウ君のような役なもので
屈折した大人になってしまったのよね〜〜

それに引き換え、いつもクールな役だったジフニが笑顔の優しい青年の役・・・この辺も見応えがある。

20120723_62077_t楽器メーカーのプソングループの会長ユ・マンセ(チョ・ミンギ)
この方、いつも常連のチョ・ミンギ氏!!
最近、こういう役が多いような気がするんだけど・・・
「善徳女王」よりも「欲望の炎」の印象が強いからな〜(笑)
で〜〜コイツの(コイツ呼ばわり)愛人の息子が
ジホ(チュ・ジフン子役はカン・イソク)
よっぽど、その愛人が好きだったのか?後に結婚したヨンランを
恨んでいるのか?
いきなり愛人の息子を長男です!!ってお披露目する
金持ちのすごさ!!!

韓国ドラマってありえないシチュエーションがウケルのよね〜〜

で、妻のヨンラン(チェ・シラ)は、息子のイナ(チ・チャンウク子役
キム・ジフン)を自分の夢だったピアニストにし、プソングループを
継がせる為に姑のいじめにも耐えながら献身的に尽くしていたん
だけど〜〜〜夫がプソングループの後継者としてジホを考える
事を知り少しずつ、悪事を見せてくれるんだわ〜〜〜!!

まずは、いじめられていた姑への復讐。
姑がアルツハイマーということを夫に黙っていて、薬を捨てたり


ジホには優しい、継母を演じているが、影ではイナに有利なよう働きかけたり・・・
でも、マンセは、ヨンランの事を信じてないから余計にジホを傍に置き可愛がろうとするのよ。

さて、ここでキーマンのお祖母ちゃん(ナ・ムニ)ヨンランをいじめる姑なのだが、ひょんな事からホットク売り
の夫婦と仲良くなるの〜〜ホットク屋台の主人は聴覚障害者で耳が聴こえない。
いつもホットクをくれる優しい夫婦に、金持ちとは名乗らず、ブランドのバックや洋服、それに娘の為に
ヨンランが大事にしていたピアノまであげちゃう!!

ヨンランはこのピアノに特別な思いがあって、姑の命令に従うしかなく、ヨンランの恨みは
増していくのよね〜〜
そのピアノをもらったのが、ダミ(チン・セヨン子役はキム・ソンギョン)ダミがヒロインになるんだけど
ジホと最初に知り合って仲良くなり、お祖母ちゃんの紹介で習い始めたピアノ教室でイナとも
仲良くなるのよ〜〜ん。

66031267_3

このダミ役のチン・セヨンちゃん、いきなりヒロインなんてすごい!!!
あのドンへのドラマ、「大丈夫パパの娘だから」でジングの妹だった子だよね〜〜ちょっと物足りない感も
あるけど・・・今後の展開に期待してますよ!!!!

さて、キーマンと言ったお祖母ちゃんなんだけど、アルツハイマーがかなり進んできて
火遊びで火事を引き起こしてしまうんだよ〜〜
その時、ヨンランとマンセは後継者の事で言い争いになっていて、ヨンランはマンセを突き飛ばして
マンセは打ち所が悪くて・・・・そこに火事騒動!!!!!
ヨンランはマンセを部屋に閉じ込め、息子のイナを助けに行くが・・・間違ってジホを助けてしまう。

お祖母ちゃんはね〜〜ホットクの主人を呼びに行って「息子がいるから助けて欲しい」って頼むのよ〜
でも、イナを助けようとしてホットク屋の主人は亡くなってしまうのよね・・・

さ〜〜悪どい女、ヨンラン!!
主人殺しが自分に降りかかろうとしているのをホットク屋の主人のせいにするの。。。
(悪女はこれくらいしぶとくなくちゃ!!)

そして、イナとジホは助かりますが、イナはヤケドがひどく・・・
自分より先にジホを助けた母親に対しても嫌悪感を抱きます。

そして、屈折していくのよね・・・イナ=チ・チャンウク
ここから、いろいろな展開が待っている様子・・・

すごい乗っけから、満載の面白いドラマですよ!!!!!

さて、ここでちょっと先日行ってきた「チ・チャンウ  ファーストタッチIn Japan」の事を・・・

AKR20130226085900005_01_i

東京の霞ヶ関にあるイイノホールは500人くらい入るのかな〜〜?小さいホールでしたので
どこに座ってもチ・チャンウクがバッチリ見える位置。

私は韓国ドラマ好きの友人を無理やり誘って行きましたが・・・後で感謝されましたよ!!
それくらい、濃い内容のファンミでしたね〜

実物のチ・チャンウク君、顔は小さいし、スタイルいいし、声も良い!!!!!
俳優さんの歌って、あまり期待してないんだけど・・・なかなかの美声でして
歌もうまくてビックリしました!!

02251

ファーストタッチなだけに・・・最後は会場の皆さんと握手会ですよ!!!
こんなチャンスないからね〜〜本当に思い切って参加してみて正解でした。
間近に見るチ・チャンウク君はヤバカッた!「ありがとうごじゃいま〜す」ってあの笑顔で
ニコッてされたら、もうたまりませんよ〜〜〜〜ん。

これからも、応援して行こうと思っています。

ちなみに・・・会場で何度も「ペク・ドンス」のOST曲かかりました〜〜〜〜
「兄さん」なんてデレデレしていたのは・・・・たぶん私だけですかね(爆)