劇中で流れるキム・ヨンウ氏の「たまには1人で泣きます」という曲
ゴヌクの感情とこの切ないメロディがすごく合いますね!



後半になってきました!
ジェイン(ハン・ガイン)に秘密部屋が見つかってしまい、ゴヌクの反撃も
ついにヘシンの裏金を暴露し検察とマスコミを動かす事態になります。
離婚を考えてるテラ、今まで助け舟だったテラの夫からの協力も得られず、
ヘシンは検察の捜査を受けることになります。

201008271706221001_1

夫人は、ゴヌクの正体を見抜き、彼を呼び出し罵倒しますが・・・
何も知らないテソン(キム・ジェウク)は、ジェインも辞めさせ、ゴヌクも辞めさせようと
している継母が許せない様子・・・
テソンは、ようやくゴヌクを兄貴のように慕い始めるのですが・・・・
妹のモネ(チョン・ソミン)が留学前に“必要な時にあけて”と渡された封筒をみて
ゴヌクとテラが付き合っていることを知るんですね〜〜!

そして、とうとう会長もゴヌクが、あの時のテソンだと知ります。
この時の会長と夫人の会話からテラは夫人の連れ子で再婚したと話してました。

もしかすると、ゴヌクは本当は会長の子なのでしょうか?
会長はテソンを呼び出し、何度も「テソン、テソン」と呼びながら倒れてしまいます。

テラとゴヌクの関係を知ったテソンは、テラを責め「奴は意図的に近づいた」と言います。
そして夫人からもゴヌクが、幼い時、テソンと間違えて来た子だと聞きます。

その後ゴヌクは、夫人の命令で動いたキム室長が企てた交通事故に・・・
キム室長の報告ではゴヌクの死亡を確認したと・・・

201007290044131001_13

一週間も連絡が取れないゴヌクを心配するテラ・・・初めてゴヌクの家を訪ねますが
部屋でジェインと二人で撮った幸せそうな写真を見つけます。

201007290044131001_14

そこにジェインがゴヌクを探しに家にやってきます。
テラは、自分よりゴヌクをよく知るこの女に嫉妬するのです。
・・・考えてみると、純粋にゴヌクを愛してしまったテラも可愛そうです

201007290044131001_12

テソンは、ジェインを病床の父の前に連れて行き紹介しましたね〜
でも、ゴヌクが心配なジェインは気が重い・・・

ゴヌクがいつも持ち歩いていたライターは何の小道具かとず〜〜〜っと気になって
いましたが、ここで活躍するとは(笑)
ゴヌクは死んだはずなのに・・・奴の血がついたライターが夫人の机に!!!!
そして、クァク班長もゴヌクの行方を捜し始めました。

ん〜〜〜〜〜〜〜今夜は最終回ですよ〜
ゴヌクは誰に拉致されているのでしょうか?そしてゴヌクとジェインは?
どのように展開するのか?楽しみです!!

余談ですが・・・
テソンとゴヌクが二人で仲良くソフトクリームを食べるシーン・・・

ゴヌクのソフト角度によって減ったり増えたり・・・(爆)

編集がうまく行かなかったのかしら
気になって何度も見ちゃいました