1パク・シフ氏
「家門の栄光」イ・ガンソクは本当に適役
「完璧な恋人に出会う方法」のジュンソク役も素敵でしたが
やっぱり、ガンソクは最高です
さてさて・・・
39話まで見てしまいました
ガンソクの母が結婚に反対して大変だったんです
だってさ〜、ガンソクが可哀そうだったんだもん
三歩進んで二歩下がるって感じで
幸せな時はダナに甘えるガンソクが笑えるのだが、
苦しい時のガンソクは見てられない
その差が激しくてイッキに見ちゃいましたよ( ̄▽ ̄;)!!

ガンソクの母がハ家に乗り込んできて「結婚はできない」と言った為
ハ会長は、ダナに「道を間違えたときは戻るしかない。
あきらめることがムリなら、心を見つめ直しなさい。」と言います。

ダナは、ガンソクに別れを告げます。

「もう少し月日がたつのを待ちましょう。遠くから同じ空を見ていると思いましょう。
日が暮れたら、いつか夕日を見ながら私の手を握ってくれたとあなたを思い出すわ。
いつか両親が年をとっていく私達を不憫に思い許してくれたら会いにきて。
私はどこにも行かないわ。ずっと同じ所で待ってるわ。」

ダナがぞっと同じ所で待ってる・・・と言ったのは
心変わりはしないという事、ガンソクに対する深い愛を感じますね〜

親を選ぶか?ダナを選ぶか?なんてできないガンソクは
ダナを諦めてアメリカに行くことにしたんだよね〜


「手の届く所にいたら会いに行くだろう
別れに納得できずつらい思いをする・・・・

ここにいたら君は来てくれない。
でも、遠く離れた所から君を呼べば、もしかしたら
来てくれるかもしれない。
僕と同じようにつらくなったら、その時は来てくれるよね?
耐えて耐えて、もう限界になったら君を呼ぶから来てくれ。」


最後にダナに会いに行ったガンソクの台詞が切なくてたまんないです

でも、38話 母、二人の愛に負けました。

ガンソクがアメリカに発つ日に、さすがのお母さんも根負けです。
可愛い息子と会えないのは生きて行けない・・・みたいな感じで
すぐにハ家に報告に行きます。


(guwaguwaのひとり言)
ガンソクのような息子がいたら、絶対に結婚させない(爆)なんて〜
うちは娘だから、ガンソクみたいな婿をもらえばいいんだ
今から、娘たちを洗脳しておこう!!!!!
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \


さて、ダナの兄達ですが・・・
長男スヨン(チョン・ノミン)は年下の可愛いジナ(シン・ダウン)と
次男テヨン(キム・ソンミン)は警察官のマルスン(マヤ)の結婚が決まりました
似たもの同士のドタバタ結婚も面白いです。