静かに萌えてます
「家門の栄光」28話です。

ヒョンギュはヘジュに恋人にはなれないけど、友達なら・・・と
言いました。へジュの病気の事を気にかけているようです。

今回、スヨンに助言する継母が頼もしく思えましたよ〜

迷っているスヨンに「人生は そう長くはないわ、迷っている暇はないの」と言います。
しかし、スヨンは前妻を17年間寂しい思いをさせて無駄にしてしまったことを
引きずっています。
でも、継母は「反省してるなら 繰り返さないはずよ」と叱咤激励
むっちゃオットコ前〜(女性ですが・・・)
こんな継母だったら頼もしい
でも、スヨンはまだまだ決断できません

ガンソクは、ゲームを終える最後の夜にダナに聞きます。
「なぜ、このゲームを引き受けた?」と・・・
「後悔している」とダナ。
ダナはガンソクが何をしようとしているのか聞かないが、
何もかもわかっていて、何があっても理解しようとしているのがわかります。
そして、ガンソクに「私がわかっているのは、イさんも苦しんでいるってこと」
・・・と言います。(ダナの愛に、なんか泣けるよ

ガンソクを不憫だと思っていること、そして愛していること・・・

「俺の事は忘れてください」と言うガンソクに
「忘れるのはムリだと思うわ」と言うダナ。

悲しみも心の痛みも受け止めようと思う・・・だからあなたも耐えて・・・

最後にそんなことを見つめながら言われたら・・・

キスしちゃうよね

ガンソク最高
スポンサードリンク