遅ればせながら「家門の栄光」を視聴チュ!
前回、録画を失敗したため断念したドラマだったが、
こんなにも早く再放送が決まって嬉しい限りであります

実を言うと「完璧な恋人と出会う方法」でイッキに高感度ナンバー1
になった(guwaguwaの中で)パク・シフが出ているもので
何が何でも見てみよ〜と、そんな気持ちで見始めましたが…
面白い

まっ前置きはこれくらいで本題に・・・
家門の栄光
このドラマには、そうそうドラマ『人魚姫』で優しい好青年の
イ・ジュワン記者(キム・ソンミン)が出ています(笑)
それが・・・ジュワンとは正反対のダメ息子の役でね!
そのギャップが最初の1話では面白かったよ〜ん
このテヨン(キム・ソンミン)の浮気現場から事が始まるんだわ〜
テヨンは宗家ハ家の次男、兄スヨン(チョン・ノミン)とは双子
(双子と言う設定も似てない二人を見ると面白い)
どうしようもない弟が嫁の通報で姦通罪で現行犯逮捕され
そのホテルで居合わせたのが、長男スヨンの嫁だったと言う
スリリングな展開
義理の姉の不始末に怒ったテヨンが(自分の事は棚に上げて)
一緒にいた若い男を殴り
義理の姉、その恋人、テヨンと嫁が警察署へ連れて行かれたのだわ!

そこに兄スヨンも駆けつけますが・・・
義理の姉は夫スヨンに対して「訴えて離婚して欲しい」と言います。

最初からこの長男の嫁は、夫と離婚したくて若い男に金を払って
この事実を作ったのよね・・・
その真意には、若くして親の言いなりで結婚したスヨンと
年上女房で宗家の宗婦として尽くしてきた妻との二人の悲しい物語が
あるのですが・・・4話で正式離婚してしまいます。

一方、テヨンには10歳の息子ドンドンがいます。
ドンドンの母は出産した後に亡くなり、今の嫁がドンドンの母として
育ててきました。しかし、浮気はするし勝手で自由奔放のテヨンに
悩まされ、やはり離婚をしてしまいます。

そんな頼りない兄達ですが・・・
妹ダナ(ユン・ジョンヒ)はしっかりしているようです!
民俗学の准教授。

そしてこの三兄妹の父ソクホ(ソ・インソク)会社の社長でハ家の長男
妻とは20年以上前に死別しています。

そんなハ家の祖父でありグループの会長がハ・マンギ(シン・グ)
落ちぶれた名家を立て直し一代でグループ会社を築き上げたのだが、
ハ・マンギの出生には秘密があるようです。

ドラマ第1話では、祖父マンギの父が亡くなり宗家の伝統的な葬儀の様子が
細かく描かれています。

そんな喪中の中、孫たちの離婚問題や息子ソクホが会社の室長と
できちゃった婚!と、ま〜名家らしからぬ面々の騒動で
お祖父ちゃんは頭が痛い日が続くのでしょう・・・やれやれ

さて、言い忘れましたが、主人公はダナ(ユン・ジョンヒ)です
ダナの周辺もご説明しましょう〜
ダナも結婚してたようですね〜
夫に似ている学生ヒョンギュ(イ・ヒョンジン)が気になり
ヒョンギュもダナのことを慕っている。

同じ大学の教授に系図を売って欲しいと言い寄る男がいますね〜

彼はイ・ガンソク(パク・シフ)彼の両親は高利貸しで成金になったため
家柄にこだわり、家門を欲しがっているようです。

ガンソクの妹へジュ(チョン・ヘジン)はダナの大学の学生。
密かにヒョンギュを思っているのだが、内気で人見知りの激しい彼女は
彼の飲み干した紙コップを拾い集め、眺めているだけ・・・
ガンソクは、そんな妹を心から心配している。優しい兄なのよね!
でも、教授に無理強いする態度が気に入らないダナは、ガンソクの事を
毛嫌いしている様子・・・・でも、気になる
なぜ、気になるのかは、今後の展開でのお楽しみ

これだけの人物がいるからして、54話と長いドラマですが、
あっと言う間に楽しく見終わりそうよ

家門の栄光

スポンサードリンク