ペ・ドゥナって本当に不思議な魅力の持ち主ですね〜
「威風堂々の彼女」で、中性的なキャラだな〜と思っていましたが
今回の役どころでは、女性としての魅力がたっぷり感じられました。
ちょっと変わっていますが、優しくて純粋で面白い
ユニと言う役にピッタリですね

そして、このユニの魅力に嵌ってしまう御曹司が
パク・シフ演じるジュンソク。

やっぱり、ドラマは見てみないとわからないね〜
12話のユニとジュンソクの切ない物語は
ここ最近の恋愛ドラマの中で、1番だと思います。
ペ・ドゥナの演技力にベテランのキム・スンウがからみ
パク・シフの台詞に込められた思いが伝わりグッとくるんです。

6f37d546.bmpな〜んと言っても
パク・シフが最高
なんだろう・・・
目が語るんだよね・・・( ̄ー ̄)ニヤリッ
台詞が少ないのに存在感たっぷりで
しゃべるとカッコいい

大女優とのスキャンダルで
逃げるように渡米し
アルコール依存症になったジュンソク。
もう、誰も愛することができないと思っていたが・・・

父が倒れ、会社を任され、仕事の鬼となった今。
結婚も親が決めた女性とするはずだった。
しかし、秘書のユニに出会ってから、彼の固定観念が変わっていく・・・
父である会長の専属秘書だったユニ。
誰も見舞いに来ない父の病室で毎晩、父の好きな本を朗読する。
面白い話を聞かせる。
調子を狂わせる彼女が新鮮に思えた。

しかし、親の決めた相手と結婚しなければならない現実がある
小心者の自分には、親を裏切ることができなかった。

そして、出した結論とは・・・

OSTはTimの「足首を怪我して」です。
優しいTimの歌声が、悲しいジュンソクと傷つくユニの心境にピッタリです。


スチャンは、ユニとは飲み友達になった。チング!だ。

ジュンソクのことでユニが傷つき悩んでいるのが気になる・・・
次第にユニの魅力に気が付くが・・・
ユニの心の中には、スチャンの入る隙間はない。
ジュンソクでいっぱいになっていた。

そうぐわぐわもパク・シフで胸がいっぱい
スポンサードリンク