あれから「人魚姫」を続けて観ています。
44話まできました
見応えがあります。

40話まできて、気になる人物がいます。
それは、主人公アリヨンの母の友人でブティックを経営しているスア。
このスアを演じるのがコ・ドゥシムさん。

とにかくベテランの演技派女優さんなので、出演作は多数あります。
guwaguwaが観た最近のドゥシムさんの作品では、
「カクテキ」キム・スンスの母「雪の女王」でヒョンビンの母。
誰もが「あ〜〜〜!」とわかる韓国でも『国民の母親』と呼ばれて
とても親しみがある女優さんです。


アリヨンの母キョンへの家にスアの両親が間借りしていたことで、
キョンへに対してお世話になっているが
その反面、裕福なキョンへの身の上を羨望しているという

今回の役は、とても難しい役ですね。

したがってキョンへがジンソプに捨てられて離婚した時も
心配の反面、その不運に対して心中愉快だと思ったに違いないし、
その表裏の感情が、このドラマに、ものすごいスパイスを与えています。

女優スジョン(ハン・ヘスク)は、スアが経営するブティックのお得意さん
であり昔からの友人でもあります。

スジョンが、キャンへにした事をよく思っていないスアは
スジョンに対しても表向きは優しい友人の振りをし
アリヨンがスジョンに復讐する事を裏では楽しんでみているのです。

スアには、息子マジュン(チョン・ボソク)とマリン(イ・ジェウン)がいます。
マジュンは、会計士の仕事をしていますが、妹のマリンと年甲斐もなく
ケンカばかりする、ちょっとマザコン?っぽい男性。
いつも穏やかなヤクザの役が似合うチョン・ボソク氏が、おしゃべりな男性の役を
演じています。

スアは、有名な脚本家になったアリヨンを息子の嫁にもらいたいと思っているので、
キャンへやアリヨンに優しく気配りをするのですが・・・


今、40話。アリヨンがマジュンに気があると思っていたのに、
その気がないと知ったときにどうなるのか?
そして、マリンの婿に欲しいと思っていたジュワン(キム・ソンミン)と
アリヨンが結婚すると知った時、スアが今までのようにキョンへ親子に
優しく接する事が出来るのか?

難しい役どころなので、コ・ドゥシムさんの演技に期待しています!

人魚姫 DVD-BOX1人魚姫 DVD-BOX1
出演:チャン・ソヒ
販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2008-11-07
おすすめ度:5.0
クチコミを見る