a984db72.jpg『朱蒙チュモン』最終回でしたね〜
本当に面白いドラマでした。

もともと朱蒙チュモンと言う人物は
高句麗の建国神話に登場する
伝説の人物にも関わらず、かなり大胆な発想でドラマは展開しましたね〜

前半プヨ国の王子だった頃
正妻の王子達にいじめられ
ちょっと頼りない印象だったチュモンが
徐々に強くなっていく様は爽快でした。

タムル軍を率いて戦う中盤の部分は人間としての成長もあり、家臣となる仲間との信頼も築いていくと言う、その成長過程が実に細かく描かれていました。

朱蒙個人的には、「鉄の女王」と言われた
ソソノの生き方に興味があります。

朱蒙とは運命のすれ違いから結ばれなかったものの、高句麗の建国の為に
女王となり支えてきました。

イェソヤとユリが生きていたことがわかり二人の王子の為に
心を痛めますが・・・最後は朱蒙の元を去って行きましたね・・・
ソソノが先見の目を持った素晴らしい女性だったと言う事が
わかりますし、朱蒙への信頼と愛情の深さを感じたシーンでした。

その後、オンジュは百済を建国し初代王となります。


最後にドラマの中で解説として加えられていたのですが・・・
古朝鮮(コジョソン)の領地を漢から取り戻し、流民たちの為に
戦い続けたチュモンは、40歳で亡くなったのですね・・・
タイトルにつけた東明聖王(トンミョンソンワン)と言う名前は
亡くなった後の諡号(しごう)だそうです。

風の国
さて、話は変わりますが「風の国」がBSフジで来年2月4日から放送ですね。
このドラマは、高句麗の第3代王で大武神王と呼ばれた無恤(ムヒュル)を描いた作品。
チュモンの息子ユリの息子って事ですね〜(チュモンの孫か

主役の無恤(ムヒュル)は、チュモンを演じたソン・イルグク
ソン・イルグクも高句麗から離れられず・・・って感じですが…

密かに注目してるのは・・・「オールドミスダイアリー」のオ・ユナが
ムヒュルの乳母役を演じるようで、個人的に期待してます

しかし、2月か〜・・・・早くみたいな・・・( ̄▽ ̄;)!!
その前に、ソン・イルグクの作品「ロビイスト」でも観るかな( ̄ー ̄)ニヤリッ