1a593470.jpg「銭の戦争」の続きを7話まで見ました〜

本編が50分弱で終わってしまうので
物足りない感はありますが・・・

関係ナイスNiceよ!(・◇・)ゞ

パク・シニャンが主役なんだけどさ〜
いや〜

関係ナイスNiceよ!(・◇・)ゞ

だってだって
お目当てはシン・ドンウク(笑)
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

前回は3話までだったので、その魅力がつかめなかった
( -д-)ノ
ん〜〜〜ん、この愚か者めが(爆)

彼が演じるハ・ウソン(シン・ドンウク)はナラ(パク・シニャン)の
彼女チャヨン(キム・ジョンファ)の祖母ポン女史の部下であるが
今のところ、謎めいた存在になっている。

いつもチャヨンの傍でナイトのように振舞う彼だが
なんと言っても声がいい!(ハハハハ…そこで気に入りましたか〜)

シン・ドンウクの来日インタビューがありましたので
これもあわせてご覧下さい


さてさて、ここからは あらすじの続きから〜

伝説の金貸しトクゴ・チョルに弟子入りしたナラは
勉強の為と紹介された悪徳ヤミ金業者のマ・ドンポの
下で働き、ヤミ金の極意を学ぶ事になる。
ナラの高校の恩師が、マ・ドンポから借金をしていた

恩師の娘ジュヒは、金持ちになったインヒョクに結婚を
申し込まれ、借金返済の為に結婚をしようとしていた

で〜ナラったら
インヒョクとジュヒの結婚式をぶち壊したのよね!
( ´∀`)つ

チャヨンからジュヒに心変わりは早かった・・・と
思わせるひとコマだったよね(笑)

トクゴ・チョルは財界の大物が集まるパーティーにナラを連れていく
しかし、そこで元恋人チャヨンやポン女史に再会

そんな中、ポン女史はウソンを使いBA社買収に向けて動きだし
ウソンは会社の機密情報を聞き出そうと、銀行の支店長を通し
ジュヒに会うが・・・
良心を売ることができないジュヒは情報提供を拒否
怒ったウソンは取引の2倍の額を払うように求めて来た

ウソンはポン女史に頼まれた仕事の為にジュヒに会うのだが
ジュヒはウソンに好きな四字熟語を2つ聞く
一つは「兎死狗烹(としくほう)」と答え、
もう一つは「寤寐思服(ごびしふく)」と答えるウソン

ジュヒは、最初に答えた方があなたの人生観
もう一つは恋愛観よと言います。

「兎死狗烹(としくほう)とは面白い人生ですね・・・
寤寐思服(ごびしふく)って事はいつも片思いかしら?
私はお金で苦労していますが、お金で買えない物もあります
お金に壊されることも・・・」

そこで微笑むウソン・・・
ちょっと、ジェヒにひかれていますよね!(・∀・)つ
ん〜〜〜ん、面白くなってきたぞ〜〜〜!