8814a155.待ちに待った12月3日!
お〜〜〜そうとも!そうとも!

ヨンジュン氏のドラマだッダ〜ン!
ダッタ〜ン???
「ダッダーン ボヨヨン ボヨヨン」は1991年の流行語(爆)
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
古すぎる流行語(笑)

興奮しすぎて笑いがとまりません
ε=ε=(;´Д`)

始まってるのに見てないわけ?って

「カクテキ」のレビューを悠長に書いてる場合じゃないぞ〜(爆)
NHKBShiをご覧になれない方は
こちらをクリック→@niftyでも「太王四神記」を配信しています〜

第1話なんですが・・・
やっぱりCGがスゴイわ!
なんとも幻想的と言うか〜今までのドラマにはない迫力なので
感動でしたね〜

天帝の息子ファヌンを演じるのがぺ・ヨンジュン
予習不足のguwaguwaは、この神話のようなストーリー展開に
ついて行けず・・・(;´Д`)
1話を観おわった後、復習しましたよ!(爆)

ファヌンとセオ簡単に言うと・・・
このファヌン王が地上に降りて
人々を助けようとした時、
人々を苦しめていた
火の力を持つカジンから
火の力を取り
恋人のセオに火の力を授けるんだけど・・・
セオがファヌンの子供を宿ったと知り
嫉妬に駆られたカジンがセオの赤ちゃんを
奪ってしまうのよね〜
母親になったセオが赤ちゃんを取られて
正気を失い、火の化身、黒朱雀となってしまい
下界は火の海になってしまう
人々を助けなければいけないファヌンは
黒朱雀となってしまった、愛するセオを
自らの手で討つ事になるのよ〜!

ファヌンセオを失ったファヌンは、
天の力を封印し天に戻るんだけど・・・
後世に天の力を持つ「チュシンの王」が再び出現し

4つの守り神も現れると予言する

雨師(ウサ)玄武、水を司る北の守護神
風伯(プンベ)白虎、鉄を操る西の守護神
雲師(ウンサ)青龍、木を司る東の守護神
朱雀     火を操る守護神

チュシン王が現れる時・・・
チュシンの星が輝く・・・


この伝説と言うべき神話が
高句麗の時代まで続いていると言う

建国の時に出てくる神話って
面白いですね(・∀・)つ

・・・ヨンジュン氏の神様の姿がなんとも
神秘的でした(・◇・)ゞ