魔王 シン・ミナヘイン役のシン・ミナ


ヘイン(シン・ミナ)が自分の超能力に気付いたのは12年前・・・
拾ったボールから殺人現場の残存を見た事がきっかけだった
その当時、警察はヘインの奇怪は証言に耳を傾けなかったが
その当時、担当刑事だったチャ・グァンドゥはヘイン能力に気付き
彼女の話を信じた唯一の人物
しかし、彼は警察の捜査に嫌気が差し、今はスンハ弁護士事務所の
事務長をしている・・・
ヘインは、サイコメトリーという超能力者だった。
12年前の事件捜査に協力したが、超能力を使う事で体を壊し
今は図書館の契約司書をやっていた。
絵の才能もあったヘインは、友人ジュヒがやっている
タロット・カフェでタロットカードの絵を描いてる。

魔王 オム・テウンオス刑事役オム・テウン


オスの父は、高級ホテルを所有し、国会議員。
そのホテルを経営している兄 ヒス
そんな二人の反対を押し切って刑事になったオスだが、
彼は12年前、友達を刺して殺している
しかし、当時は友人達の目撃証言から正当防衛となり
父の力とクォン弁護士の弁護により無罪となった・・・
オスにとって消し去りたい過去なのかも知れない

そんなオスの前に謎のタロットカードと共に事件が舞い込んで来る

12年前、オスを助けてくれたクォン弁護士が刺殺される
彼の携帯履歴から一人の弁護士の名前が浮上、スンハ弁護士と言う男だ。

魔王 チュ・ジフンスンハ弁護士役チュ・ジフン


善人の味方・・・貧しい人々の弁護を無償で引き受ける
弁護士会の若きホープ的な存在・・・
中学校を卒業した後、検定国家試験で司法試験に首席で合格し
弁護士になったと言う異例の経歴を持っている
彼がどれほどの努力と苦悩を強いられてきたのか・・・
誰も知らない
父親が死んでから苦労する母の事を見てきたスンハにとって
愛する母と兄は命より大切な存在だった・・・
その二人は、すでにこの世にはいない・・・

オスの友人でもあるスンギの弁護をし、スンギを出所させた
そして、オスの兄が経営するホテルの顧問弁護士だった
クォン弁護士を殺したとして自首したチョ・ドンソプの弁護も
引き受けているのだ・・・

不自然な絡み合いに、オスはスンハに対して困惑の色を隠せない

オスの所に送られた「審判」と言うタロットカード
このカードはジュヒのタロット・カフェから盗まれたもので
ヘインが描いたカードだった・・・
そして、殺されたクォン弁護士にも同じカードが送られていた

続く・・・