d8f540c8.jpgいよいよドラマも大詰めになって来ました!
「春のワルツ」19話!!

15年前、スホがユン・ジェハになった訳をフィリップから
聞かされたウニョン・・・
フィリップが「やっと言えた・・・」とつぶやき安堵するシーンが印象的でした

フィリップは、チェハがいなくなった事をウニョンに伝えます
心当たりがないか?と・・・
ウニョンは手術が終わったらあの島に行きたいと
言った事を思い出します
あの島とは・・・
子供の頃、二人で船を漕いで流れ着いた島
思い出をたどって辿り着いた二人の気持ち
ウニョンは“スホ”を許す事が出来たようです

うん、うん、良かった良かった(涙)

一方、ユン・ジェハが次期外務大臣候補となった父の実子ではなく
15年前、きちんとした養子縁組がされてなかった事が
スキャンダルとして報道されます
「母さんの為にも隠し通すべきだ」と言う父に言葉を失うチェハだが・・・

決心をしたチェハは「僕はイ・スホに戻ります。ピアノが弾けなくなってもいい、
嘘を脱ぎ捨てて自由になりたい」と父に訴えるのです
父ミョンフンは反対するが、全てを知った母チスクは
「イ・スホとして生きてもユン・ジェハとして生きてもお前は私の息子よ。」
と言い、「自由にしてあげましょう・・・私達が諦めれば、それですむのですから」とミョンフンを説得するのです
「お前は身代わりのつもりだったかも知れないけど、私にとっては大事な息子
15年間育てた一人息子よ・・・」

母の愛は偉大ですよね・・・
この言葉に号泣きです

病室で母の手を握りしめ看病をするチェハ
彼は母のこの言葉に何を感じてのでしょうか?

しかし、イナは、どうなの?
いまだにチェハが誰と一緒になるのがいいか?なんてウニョンを
呼び出しちゃうし・・・
言っちゃ〜なんだけど
あなたが原因だって事、忘れないで欲しいのよ〜!(怒)

記者会見の日がやってきました
チェハはイ・スホに戻れるのでしょうか?
いよいよ、来週は最終回です!
スポンサードリンク