e9a6c942.jpg「オーバー・ザ・レインボー」
4話〜5話です!
プロモーションビデオの
撮影の為に、
レックス(ファニー)と
ニュージーランドに行った
ヒス(キム・オクビン)は
徐々にレックスの優しさに
引き込まれて行きます。

レックスの2日間の休暇に付き合うことにしたヒスは
スターの抱える問題とレックスの孤独な一面に触れ
彼に惹かれて行く
ヘリコプターを飛ばし、雪山の頂上で“故郷の歌”を
泣くなよ・・・と言って歌うレックスにはグッときたね〜
泣くよ〜泣くよ〜絶対に!!
ヒスも『これで私は落ちました!』って顔していたし・・・ね!
最後の夜、ヒスはレックスにキーウィと言う鳥の話をする
翼があるのに飛べない鳥・・・キーウィ
才能がない自分に落ち込むヒスを慰めるレックス
翌朝、ヒスはレックスにキーウィのストラップを
旅のお土産にプレゼントされる・・・

ヒョクチュは、レックスの休暇にヒスも同行していた事を知る
空港にヒスを迎えに行くが、ヒスの態度は冷たかった・・・

レックスに憧れるマ・サンミ(ソ・ジヘ)は
クラブの帰り、レックスの車に飛び込み、
足にケガをしてしまった
彼の事故のスキャンダルをもみ消す為に
プライド側は彼女の要求を聞き入れ
サンミをプライドの研修生にする
サンミにダンスを教えるように室長に頼まれた
ヒョクチュ(チ・ヒョヌ)は、資格のないサンミが
ダンスをあきらめるように、厳しい態度を取るが
サンミの情熱と努力に自分自身を重ね
次第に彼女へ同情するようになる

レックスとの撮影から帰ってきたヒスは
優しいヒョクチュと目を合わせられない・・・

レックスのビデオ編集に立ち会うヒス
監督に「表情がいい」と褒められ、順調な滑り出しと思えたが・・・
スターの夢を目前にしてイライラするヒスは
ヒョクチュに優しくできず、暴言を吐いてしまう
ミュージックビデオの試写会に出席したヒスは
発表になったミュージックビデオを楽しみにしていた
しかし、ヒスの部分は全部、編集されていた・・・
「どこが悪かったのか・・・」と聞くヒス
社長は「レックスとのカットで表情が良すぎた・・・君は天才か
それとも本気でレックスに惚れているかだ。感情を出すとは
プロ失格だな・・・」と言われ
レックスのダンスパートナーからも外される事になる

ボロボロになったヒスの元に駆けつけるヒョクチュ・・・

ダンスの練習に身が入らないヒス
そんなヒスを見るのが辛いヒョクチュ
ヒョクチュはヒスを励まし続けます
そんな中、ヒスは「ミュージックスター」にスカウトされるが
そのスカウトを断ってしまう
それを知ったプライドの社長は、その事でヒスを気に入り
ヒスの新人デビューを決定するのです。

本当に狸オヤジですよね〜
レックスに惚れたから駄目!と言って、
他のスカウトを蹴ったのが気に入りOK!なんて〜
どう、転ぶかわからない業界なだけに、面白い!

さて、これで、デビューが決まったヒス
しかし、ヒョクチュとの仲は、気まずくなっていくのです