オーバー「オーバー・ザ・レインボー」
面白いですよ〜
題名だけ聞くと勘違いしてしまいそうです…
guwaguwaが観ているのは
ドラマの方ですから〜
5話まで視聴済みです
歌手を目指す若者のドラマだけあり
歌、踊りがメインで組み込まれています

2話3話でファニー扮するレックスが歌う
「あいうぉ〜んちゅあいに〜じゅ
妙に頭から離れなく、日常生活に支障が出ましたヨン
4話ではミュージックビデオの撮影に行ったレックス
「とぅも〜〜〜〜ろ〜〜〜と歌う
低い声が耳からはなれないぞな

同じ名前の韓国映画もあるんですよ〜
イ・ジョンジェ、チャン・ジニョン主演の作品です
オーバー・ザ・レインボー
ヒョクチュヒョクチュ(チ・ヒョヌ)は
高校3年生(Rainに似てる?)
父親が、しがない歌手
風来坊の父のせいで、
母親が一人で家族を養っていた。
(父親はすぐに家に帰ってきますが、騙されてお金を取られたみたい
番長だったヒョクチュは暴力団からのスカウトも受け
兄貴から頼りにされる存在になっていた。
しかし、騒ぎを起こした罰として強制的に「青少年ダンス大会」に
出る事になったヒョクチュは、
オークランドからダンスオーディションを受けに来た
ヒス(キム・オクビン)に出会い、ダンス大会で脚光を浴びます。
そして、ダンスに夢を託し、暴力団を抜けるのよね〜
(兄貴からはボコボコにされちゃうですが
この暴力団の兄貴は「Loving you」に出てきたチンピラのおっちゃんよね!
あっさり暴力団からぬけたんだけど、今後、大丈夫なのかしら?
心配かも・・・

プロのダンサーとして次第に力をつけてきた彼等は、
プライドの看板スターレックスの専属ダンサーになる
これがレックスとの因縁の始まりなのね〜
ヒス

一方、ヒスはオークランドから迎えに来た父親の反対を押し切って
韓国に残りヒョクチュの家に居候しちゃうんです
そして、多くのスターを抱える音楽企画プライドの
研修生になり、練習を重ねていきますが・・・
半年に一度しかない、オーディションでは、なかなか認められず
歌唱力がないヒスは、室長に辞めろと言われてしまいます。
そう、もう2年の月日が過ぎていました。
でも、スターになるって、根性がいるよね〜
ヒスは、ダンサーとしてヒョクチュ達のグループで活動を再開
ヒョクチュとヒスは惹かれ合っていきますが
デビューする夢を捨てきれないヒスにレックスとの仕事が
舞い込んで来るんです。

プライドの看板スターへと伸上がったレックス(ファニー)
ダンス、歌、人気、全てにおいて実力を備えた大スターになった

同じ高校だったレックスとヒョクチュには、ちょっとした因縁があり、
ヒョクチュはレックスに敵対心を持っていた。
レックスは、ヒョクチュと学園祭に来ていたヒスの事を覚えていた
ヒスがヒョクチュの彼女だと知ったレックスは
自分のミュージックビデオの相手にヒスを指名してきます。
レックス