1913c426.jpgスホの父チョンテは、
ウニョンの母へスンが貯めたお金を持ち出し
島から逃げてしまいました。

可哀想に・・・
スホはまた、ひとり取り残され
「泥棒!」と島の人たちにののしられ
食べるものもないのでしょうね・・・
ひどい親です

貯めていたお金はウニョンの入院費でした
へスンはチョンテを探しにソウルへ向かうが…



スホはへスンの友人ボンヒに施設に入るよう言われたが
それを拒み、父親を探しにソウルへ行く決意をする

チョンテの噂は島中に知れ渡り、島の人に顔を知られているスホは
に乗って逃げる事ができなくなりました
雨の日に小型ボートを漕ぎ、向かいの島まで行く事にしたスホ
しかし、心配して見に来たウニョンに見つかってしまいます
「そんなボートではソウルに行けないわ、戻って!!」と言い
海に飛び込んでしまうウニョン・・・

海に入ったら、また病気が悪化してしまう
ウニョンの病気の事を思い出し慌てるスホ

ウニョンを船に引き上げ、島に戻ることにしたが
ボートは潮に流され島からどんどん離れてしまいます

翌朝、ボートは反対側の島にたどり着きました
二人は島に住む優しい老夫婦に助けられますが
スホはひとりでソウルへ向おうとします
ウニョンは、「一緒に行って、一緒に帰る」と言って
泣きながらスホを追いかけて行きます。
結局、二人は一緒にソウルに向いますで…

チョンテを探しにソウルへ向かったへスンだったが、
結局、見つからず・・・
絶望感の上、当てもなく彷徨い途方にくれてしまいます。
そして、不運はヘスンの身に降りかかり、交通事故に・・・

一方、ソウルでスホの父親を探す二人も探す事ができず
お金がない2人は公園で夜を過ごします

そして・・・疲れ果てたウニョンは意識を失ってしまいます。