b8f639d0.jpgいよいよ、NHK BS2で
ユン・ソクホ監督の
四季シリーズ「春のワルツ」が
始まりました

オーストリアの美しい風景
流れるようなクラッシック・・・

第1話を観た感想は・・・
“いいんじゃな〜い
そんな感じです

教育テレビで放送中
「アンニョンハシムニカ〜ハングル講座〜」では
毎回の見どころや、印象的なフレーズを紹介する
コーナーがあります!
10月からスタートしたばかりなので
これから韓国語を勉強したい人にもおすすめです〜


「アンニョンハシムニカ〜ハングル講座〜」
本放送:火曜日午後11:30〜11:55
再放送:日曜日午前6:00〜6:25

では・・・「春のワルツ」第1話をどうぞ〜
ウニョン

パク・ウニョン(ハン・ヒョジュ)はオーストリア行きの飛行機の中で
ソン・イナ (イ・ソヨン)と出会います。
工芸公募展で大賞を手にしたウニョンは、副賞でもらったオーストリア旅行で初めての海外旅行に・・・
一方、イナは、幼馴染の世界的ピアニスト ユン・ジェハ (ソ・ドヨン)に会うと言う。
イナは、ウニョンに15年ぶりに会うチェハとの思い出を楽しそうに話します。
イナ

空港にはチェハのマネージャーであるフィリップ(ダニエル・ヘニー)が、
イナを迎えに来た。
しかし、“青いスカーフをしています”と言うイナと
(柄は違うが、青いスカーフをしていた)ウニョンを間違えてしまいます。
英語が話せないウニョンはフィリップを客引きと勘違いし、
荷物を運ぼうとするフィリップを拒否、警備員まで来る始末。
しかし、後から来た青いスカーフのイナに気づき
人違いだったと誤解が解けます・・・

L(゜□゜)」オーマイガット!のフィリップですね〜

空港で

ようやくイナをチェハのいる場所へとつれていく
しかし、チェハはコンサート前でナーバスな状態だった
イナの事を、インタビューに来た記者だと勘違いしてしまう。

まったく、イナに気づかないチェハ
15年ぶりに会ったとはいえ、結婚の約束までしたのに…
イナは、チェハが自分を覚えていなかった事にがっかりする

チェハは、思い出す・・・
確かにイナとはピアノ教室で一緒だった・・・と。

そして、その他にもチェハには大切な思い出があった・・・
菜の花畑で女の子とかくれんぼ・・・

彼女ともう一度会いたい。

フィリップは どうしても空港で出会ったウニョンが気になっていた。
偶然、街の中で地図を広げる彼女を見つけ、ガイドを申し出る。
ウニョンは不振に思いながらも優しいフィリップに案内してもらう
そして、別れ際にフィリップからコンサートのチケットをもらう
フィリップ


翌日、ウニョンはコンサート会場へ向かう電車に乗った
たまたま同じ客室に乗り合わせた東洋人に「韓国の人?」と話しかけるが
無視され、返答がない。

ウニョンが棚に上げた荷物の中から、コチュジャンがもれ出す
ふたが閉まってなかったなんて!!)
なんと、そのコチュジャンが寝ていた彼の服を汚してしまい 
かな〜り気まずい雰囲気になる が、
彼が韓国人だとわかり、ウニョンは持ち前の明るさで一人で喋り雰囲気を盛り上げる・・・
彼はウニョンのしぐさに懐かしい“あの女の子”の事を思い出す

ウニョンは服を汚してしまったお詫びに着替えのセーターと
(柄がクマだが・・・着ちゃうのよね〜)
フィリップにもらったコンサートのチケットを渡す。

そう、この無愛想な韓国人は、チェハだった。
自分のコンサートのチケットを持っていた彼女・・・
彼女は自分の名前を“不思議の国のアリス”と言った。

彼女はコンサート会場へ行き、電車の中でチケットを渡した青年が
ピアニストのクリスだった事に驚く・・・