97f82399.jpg復活!
guwaguwaもやっと復活!なんて

やっぱりオム・テウンは良い
チョア〜

ハウンの“くしゃ〜っとした笑顔”が
チョア〜

しかし、以前も言いましたが
このドラマは登場人物が多いし
サスペンス&ロマンスの斬新な展開
予習してから見ないと 
ついていけない

それだけ 内容が濃いし
1話から面白いドラマは 
なかなかないと思います!
楽しみだわん

クロム・・・
まずは1話のあらすじをアップしま〜す
復活
話は20年前にさかのぼる…
ある豪雨の夜、
男が血だらけの男の子を抱えて民家を訪ねる。
そこにいたのは賭博師ジェスと娘のウナ
男はその子を預けて去っていく…

男の子は記憶を失っていた
賭博師のジェスは息子として育てる
男の子にハウンと名前をつけて・・・

ハウンは20年後刑事となっていた。
そして義理の妹として一緒に育ったウナに思いをよせながら…

ある日、事件が起こる。
マンションで一人の男の変死体が発見された。
現場の状況から服毒自殺と判断されたが、

遺書らしき手紙
一人分にしてはやけに多いタバコの灰、
そして豪華な指輪・・・
指輪・・・ハウンの失われた事故の記憶がよみがえる
車の中から手招く指に大きな指輪・・・その指輪に似ている
そしてトイレに流されていた紙くず

ハウンは鋭い直感から他殺と見る

ハウンの車に酔った女がタクシーと間違えて乗り込んでくる
仕方なく酔っ払って眠ってしまった女をウナの部屋で寝かせる
ハウンが乗せた娘はイ議員の娘イ・ガンジュだった

ハウンの所属する捜査5課に、新しいキョン・ギド班長が赴任してきた
彼もこの事件を他殺だと思っている
そして、この事件が20年前に起きた事件との関連を追っていた。

死体の身元はニュースターホテルの社長でイム・デシクと言う
手からみかんの成分が検出された・・・・と言う
遺書と見られていた書面にはなぞが多い
手紙のようにも見える
特に最後の部分に自殺ではない未来形の文面が残っている
「手遅れではない 今からでも会って明らかに…」
そして、死んだ日の晩にイムは警察に電話をしていた・・・

ホテルの副社長チェ・ドンチャンが参考人として事情聴取されるが
ドンチャンはハウンの顔を見て動揺する・・・

イ議員の出版パーティがホテルの庭で行われる
ウナは、このパーティで給仕のアルバイトをする

J&C建設の会長チョン・サングクと
ムルン建設会長のカン・インチョルは昔からの知り合いのようだ

サングクの一人息子ジヌも野望を持った青年 J&Cの副社長を務める
インチョルの義理の息子シンヒョクはイ議員の娘との縁談が決まっているようだ

ドンチャンは慌ててサングクに電話する
「生きていた・・・」と
シンヒョクの死んだ兄・・・
事故で死んだと思っていた兄が生きていたと・・・
ウナ