6e57a53b.jpgチュンヒャンと再会したモンリョン・・・
チュンヒャンを送って釜山まで行く

気になったのが・・・
ソウルから釜山までの距離
京釜高速道路のソウル良才(ヤンジェ)インターチェンジから
釜山久瑞(クソ)料金所までの距離は約417キロ。

一方、京釜−嶺東−中部内陸−大邱・釜山高速道路を順に乗り継いで
釜山へ行く場合、距離は367キロだって!

ま〜往復できる距離ではあるな〜
何度も行き来するから心配したわ〜


では「快傑春香」16話です
チュンヒャンがモンリョンについた嘘が爆笑!

まず、ハクトとは「冬ソナ」の一場面のような別れ方をし
釜山でドンス氏と「ごめん、愛している」のような出会いをする
そして「フルハウス」のように掃除をして工場をもらった・・・
ドンス氏
ドンス氏…もしかしてジソプのマネ?

「そんなドラマみたいな人生あるかよ」とモンリョン(爆)
それもそうだ〜
この場面は実際にドラマを見てみないとわからないよね〜

チュンヒャンがユジンになり、その後、ウンチェになり、そしてジウンになるんだから・・・面白い。
嘘はバレバレ・・・

納得がいかないモンリョンは釜山の工場に泊り込み
チュンヒャンの嘘を見破ります!(検事ですから)

「お前が俺に言えずにいる事を必ず突きとめるぞ」と気合を入れるんだな〜

チュンヒャンは荷物をまとめて釜山の工場から出て行きます。
みんなには留学すると言って・・・

ドンスはチュンヒャンを空港に送る際、
「元ダンナさん そんなに悪い人には見えなかったけど・・・
逃げたりしないで話で解決したらどうですか?」と聞く
「つらい別れ方をしたの そんな別れ方は二度としたくないの」
チュンヒャンは悲しい顔で答えるのです。

一方、ハクトは・・・チュンヒャンが出国する事を知っていた。
仕事をキャンセルすると秘書に伝えるハクト。

ハクトと仕事の約束があったチェリンは、秘書から空港に婚約者を迎えに行くと聞き、モンリョンに電話をする。

この秘書って、いつもこう言う重要な事をバラしちゃうのよね〜
有能じゃないわ!
モンリョンの証拠ビデオもコピーしているし
今後、この秘書がハクトを裏切り、なにか問題を起こしそうよ!

モンリョンは、自分の暴行事件で一躍スターになったカン・ミンと、オ・ミヨンの再調査を命じる。
チェリンの電話を受け空港に向かうモンリョン。
ハクトが引き止めに来たわ!
「このまま行かせるわけには行かない」
「絶対に社長の元には戻らないわ 私が戻らなくても社長は彼を傷つけない 彼を傷つけたら永遠に私を手に入れられなくなるから」こう断言するチュンヒャン
「彼を助けたければ行くな、あの事件を隠したのは君の為だ。雲隠れするならあの事件を公にする」と言い残しハクトは立ち去る・・・←(今までと違って、気迫や精気が感じられないハクト)

血相をかいたモンリョンが現れる「ちゅんひゃん〜!」って 
必死に叫ぶモンリョンだが・・・

・・・でチュンヒャンはどうした?
飛行機に乗り遅れちゃった(爆)  
チケットのキャンセル料金が高すぎると受付でもめてるがな〜
涙ながらに叫んだモンリョンはずっこけそうよ!
16話は漫画のような展開ね〜「ウッキシネ〜(笑)」

ドンス氏を無理やり理由付けて連行し、職権乱用!
な〜んて、チュンヒャンを誘き出す作戦でして
腹が減ったとレストランへ入る
チュンヒャンは「過ちでね!間違って結婚したの」とドンスに説明する
「過ちで?間違って?」と繰り返すモンリョン・・・何か企んでいそうだ。
案の定、チュンヒャンに会う口実を作る為にドンス氏の車のドアに車をぶつけて壊してしまう。
「ごめんよ、社長、これは過ちで間違って事故をやってしまった・・・」と言い、ニヤリと笑う
あ〜〜〜、これが検事のやる事?・・・
釜山まで送っていく検事モンリョン
みんなは社長が戻ってきて驚き
「好きな男が出来て、お前が俺を捨てたんじゃないか〜」
と言うモンリョンの一言でもっと驚く!
社長を信じていた社員達はチュンヒャンにがっかり〜
そしてちゃっかり、みんなと仲良くなるモンリョン 
チュンヒャン

すっかりモンリョンの作戦にはまっちゃったね〜
しかし、この二人はなかなか進歩しないのよね〜
二人とももっと素直に話し合いが出来ればいいのに〜って出来るわけないか

モンリョン検事、ハクトの会社 トド企画についていろいろ調べましたね〜
どうやら、カン・ミンが主演する映画の企画会社が怪しいようです・・・

モンリョンはチュンヒャンをダンヒとジヒョクの元へ連れて行きます〜
久しぶりの再会に喜びますが、
ジヒョクが「社長と別れたのなら、もう一度モンリョンと・・・」と切り出します
「まだ別れていないから避けているの」と言うチュンヒャン

かたくなにモンリョンを拒否する・・・
「全部忘れたのか?」と言うモンリョンに
「全部忘れたわ 私のようにあんたも楽になるといいね」と言い返す

釜山にはハクト社長が来ていた。(このおじさんもしつこいよね)
そしてモンリョンも釜山に行っちゃいます〜

違う男と出かけた事がばれないように
優しいドンス達はモンリョンに気を使います
そして、チュンヒャンの部屋で待たされます

チュンヒャンの机の引き出しにモンリョンが買ってあげた携帯が入っていました
携帯は今でも充電されていて、中には思い出の写真があったのよね〜
そして、綺麗にファイルされた一冊のノートが・・・
司法試験に合格したときの新聞に、イ検事が解決した事件の切り抜き・・・
そこには「モンリョン愛している」の文字・・・
モンリョンを思い続けるチュンヒャンの気持ちがいっぱい詰まっている。
涙ぐむモンリョン・・・

遠回りをしたがチュンヒャンの気持ちがわかってよかったわ〜

そこへハクトとチュンヒャンが帰ってきます。

モンリョンは「引き出しの中を見た、お前の心も・・・お前に 俺を無理やり捨てさせたのは そいつか?」と言い ハクトを睨みます。

きゃ〜〜〜モンリョンカッコいいです!

ジヒョクのサングラス姿
前回、指摘したジヒョクのサングラス姿・・・鼻にちゃんとかけましょう〜ね!