55feb685.jpg「フルハウス」の脇役の二人です!
キム・ソンス氏を見ると、
「ガラスの華」のギテを
思い出しますね〜

キム・ソンス氏は2004年に
「フルハウス」と「ガラスの華」
そしてキム・レウォンと共演した
「愛してると言ってくれ」の3本に
出演しているんですね〜
一気に売れっ子です。

一方、ハン・ウンジョンさんは170僂47kg・・・
これだけでも彼女がすごいモデル並みの
プロポーションだということがわかります
調べてみると・・・
1999年ミスワールドユニバーシティ大賞のファッションモデル!
やはり・・・出身が違うわ〜

彼女は「ワンダフルライフ」でも結婚したジェウォン君扮するスンワンを
誘惑する役でしたね〜
「フルハウス」では、ヨンジェ(ピ)とミンヒョク(キム・ソンス)の間を
行ったり来たりして、ジウン(ソン・ヘギョ)を苦しめる役。
美人がやるからこそ、ムカつくし面白いんですよね〜

さ〜へウォンはジウンと対決するのでしょうか?

へウォンはヨンジェに頼りながらも、ミンヒョクの事が好き
しかし、ミンヒョクは・・・
「君は妹に過ぎない・・・」と女とし見てくれないんです〜

ストレスでへウォンは腸炎になり入院・・・
世話をしたのは医者であるヨンジェの父親でした。
ヨンジェの父はへウォンの父とは友人
幼いころから家族のように過ごしてきたへウォンは、
ヨンジェの家族にとっても大切な存在だった。
それを知ったジウンは、へウォンとヨンジェの関係が気になる。


心も体も弱ってしまったへウォン、頼れるのはヨンジェだけ〜
しかし‘私だけのヨンジェ’だったのに
ジウンと結婚しちゃうし…面白くない

へウォンの店で衣装を選ぶヨンジェは、結婚指輪をお店ではずしたまま忘れてきてしまった。
ジウンに指摘されて、へウォンに指輪の事を聞こうとするが
言い出せない
へウォンも指輪の事だと知っているのに知らん振りをするのよね〜


ヨンジェは、喧嘩しながらも少しずつジウンへの情が深まっていくが・・・
ヘウォンに会いに行く事を、言い出せないでいた
(隠すのは後ろめたいって事ねよね〜)

「彼女のせいよ…」と言いながら指輪を返すへウォン
「どうしてだ?優しい子だ…単純でバカな面もあるけどそれがジウンだ」と笑って言うが・・・
「だから彼女が嫌いなのよ!あなたは誰よりも私を心配して守ってくれたのに結婚しちゃったから・・・」
ヘウォンがいかに愛されたいと言う自尊心が強いかがわかる
そんなヘウォンに
「お前から去るまで俺はそばにいる」
な〜んてさ〜ヨンジェったら・・・
こんな事を言っちゃうから〜困った事になるのよね〜

一方、ジウンはなんだか怒っています
お互いに干渉しないで生活しよう!と提案しますが
ヨンジェはジウンのことが気になります。

もしやB型?

ヨンジェの映画の試写会にきたジウンはヘウォンを見つけ
指輪の事を問いただす。
「なぜ嘘をついて隠していたの?」と・・・
ヘウォン冷静〜
「隠してないわ、言いそびれてたの」
ジウン
「ほかに好きな人がいるのに、うちのを困らせないでよ!」
「今のうちにやめてくれる?
ヘウォン冷静!
「それは無理だわ」
「彼がどっちを選ぶか賭けをする?」
ジウン
ヨンジェが自分を選ぶかどうか…自信がない
落ち込んだジウンは試写会を観る事もできず呆然と
ヨンジェの車の前で待ってるが・・・

ヨンジェは試写会に来なかったジウンに怒ったのか?
ヘウォンと一緒に帰ってしまう

かわいそ〜〜〜
泣く!泣く!かわいそうよ!ジウン!!

家に帰ってきたヨンジェ
ジウンがなんだか変・・・

「誰かを守りたいのは、好きだからよね?
ヨンジェさんはヘウォンさんを守ればいいわ、
私はあなたを守るわ・・・私はヨンジェさんを好きみたい」

電撃告白じゃないけど、ちょっと感動!
だが・・・
ヨンジェは冗談だとしか受け取ってくれない(涙)

ジウン笑うしかない
ハハハハハ・・・

とうとう、ヘウォンとの密会が噂になり
その対策として、家で取材を受ける事になります。
(これこそ、スターのお宅訪問!)

記者にヘウォンとヨンジェの事を聞かれるジウン
ジウンは堂々と
「彼女はヨンジェさんの9歳からの友人でいい相談相手です」と言って
ヨンジェを驚かせる。

かわいそうなジウンにはミンヒョクがついています!

ミンヒョクはジウンを食事に誘ったり、映画を一緒に観に行ったり
仕事以外でジウンとの時間を楽しんでいるようです。

ミンヒョクの誕生日・・・
ジウンを夕食に誘います。
「自分へのプレゼントを考えていたらジウンさんが浮かんだ」
鈍感なジウンは、それがどういう意味かわかっていない。
「ヨンジェさんも呼べばよかった」と言うジウン

「心は買えるのかな?」
「僕は本気だ、好きになってくれ」と言うミンヒョク
「どうしましょう、そうしたいけど結婚しちゃったわ〜」とジョークを
言いながら笑い飛ばすジウンに・・・
「ヨンジェから奪おうかと思っている。ヨンジェは君の価値をわかっていない」と
マジに真剣なミンヒョク〜

さ〜どうしましょう

おっと長くなっちゃった・・・
ではまた来週〜〜〜!