3e136d55.jpg26話って長いですね…
「1%の奇跡」
ただいま16話であります。

今回はテハ(イ・ビョンウク)と
ヒョンジン(ハン・ヘジン)のお話

やっと心を開いてきたヒョンジンですが
テハの素姓がばれてしまいました

タダと間違えてヒョンジンに近づいたテハですが
ヒョンジンが親から受けた暴力に同情し、接しているうちに
テハは自分の心の隙間を埋めながらヒョンジンへの気持ちを
確かめていたんですね。

そして、ヒョンジンにとってもテハは大きな存在だったようです。

しかし、ヒョンジンはテハが彼自身の欲の為に
自分に近づいたと思い、悩みます
悩む・・・と言う事は好きだったと言う事ですよね。
(これはヒョンジンがタダに言った台詞です!)

一方、タダとチェイン
喧嘩しながらもチェインの気持ちは一途でございます
出会って100日目の記念に用意した
キャンドルライトのディナーに花束。
そして、カップルリング

韓国のカップルは記念日を大事にするんですね〜
実にマメであります
「愛しのザガジ」でも100日記念を盛大に祝うシーンが
ありましたね・・・(正確には100日間の奴隷解放ですが…)
交際記念日を祝うなんて、ロマンチックですね!

誰かと付き合う度に記念日ができるわけで・・・
しかも盛大にパーティを開き、友人たちの前で
カップルリングの交換をする
「言約式」と言う‘恋人宣言の場’もあるそうです
いやいや、恐れ入りました・・・と言う感じ。

きっと日本にこう言う風習が根付かないからでしょうか?

本当、guwaguwaの周りには記念日を祝うなどと言う、マメな男性がいない!
それだけ日本の男性はシャイで自己主張がないのでしょうかね〜
やっぱり、男はマメじゃないと!!
女性は大切にしないと

チェインのようにね

そんな幸せな二人を、チュヒが黙って見ている訳がありません!
タダを強引に誘拐してしまいます。
タダは眠らされてホテルへ・・・
そこに、テハが現れます!!
どうするの?テハ
ジャックスカードのCMじゃないんだから…
どうするの?つづく・・・は、やめて
だって、早く観たいじゃん
と言う事で・・・
つ・づ・く・・・