チェイン
그남자의 수상한 변명 느낌이 안좋아
あの男の感じ悪〜い言い訳だって!!
な〜んて言う13話の題目・・・
感じワル〜なのは 
여자의 분입니다!女の方です!
네!

さ〜土曜日のドンちゃんの始まり〜
(^▽^ゞ)〜〜〜〜
12話の最後に問題のチュヒが現れ
チェインと腕を組んだまま離れませんでしたね〜
強気な女!あ〜最悪・・・(チュヒの片思いなのに・・・)

じっと良い子で待っていたチェインなのに・・・
その日のデートはタダの機嫌もなおらず・・・
タダは帰り際、「ママがお見合いをしろって・・・」と切り出す。
チェインはいつものように「冗談じゃない!」と言い張り
タダも「もし したら?」とチェインを試してみる
チェインの答えは・・・と言うと
「子供を連れて行く!」???
Σ( ̄▽ ̄‖)「それって女が使う手よ」とタダに笑われるチェイン
怒りながら「ぶち壊せるなら俺もやる!お見合いはもちろん、他の男と会うのは許さん!」だって〜
アラッソ〜?
で〜すぐに帰ろうとするタダに「まだ10分ある・・・」と
寂しそうな目をするチェイン、そして抱きしめようとするが〜
タダに振り払われてしまいます。
なんともかわいいチェイン君。

チュヒは強気です!
チェインの実家に挨拶に来ます。
もちろんハヤボジに直々にチェインを好きだと言いにね〜
やるもんだ!!
一方、タダはお見合いの席にチェインも連れて行ったのね〜( ̄▽ ̄‖)
これでお見合いは「パ〜」です(゜▽゜ )
一難は去ったと言うところですね〜チェイン君。

チュヒは強気です!
タダにも直接、挑戦してきます。
「私は12歳のころから彼が好きでした」(それがどうした!)
「お二人がどういう関係かは知りませんけど・・・
チェインさんは私と結婚します」(強気だね〜それで?どうした!)
驚くタダ・・・「チェイン氏には聞いていません」と言うタダに
「そうでしょうね〜私は片思いですから・・・」
(ひらきなおられても・・・ね〜( ̄▽ ̄‖))
チュヒはうちには金があるからチェインの力になる!
そんな事を偉そうに言いますが・・・
タダは冷静に
「私たちは違いがあるが努力している、私の欠点は彼がカバーし、
彼の欠点は私がカバーしながら・・・お金持ちにも欠点はあるわ」と強く言う。
(偉いぞ〜タダ〜)
悔しい思いをしたタダ・・・チェインに会う気も話す気もおきない。
短気なチェインはタダのことが心配になり、会議の途中でタダに会いに行くが・・・
思い悩むタダはチュヒの事を言い出せない・・・

チェインはタダの事が気になり次の日も学校まで迎えに行く
タダは「良家のお嬢さんなら釣り合いも取れるし
コネもあるからあなたを助けられるわ・・・」とすねて言うんだけど
チェインは「そんなこと考えていたのか?タダらしくないぞ〜
タダがお金を持ってきてもうれしくない、援助はいらない。
ほかの事で助けてくれ!」
「すねるな!他の男と見合いもするな〜ただ、俺だけを待っていろ」
と言い手をそっと握るのです
パチパチパチ!ε=ε=┏( 〃^_^)┛チェインの勝ち!

そんな中・・・
チュヒは早くも王手をかけてくる。