チェオクの剣 オリジナル・サウンドトラック


チェオクの剣がHDDに取り残されていまして・・・
(最近では、すべてのドラマが撮り駄目状態
どうする?レコーダーよ〜〜〜〜!と
機械と語り合ってしまいました(爆)

と言うことで・・・
好き嫌いせず、毎日3本ペースで頑張って観ています!!

チェオクは10話まで観ました〜〜〜!
パチパチパチ

はじめはソンベク様いいじゃな〜〜い!と思っていましたが、
だんだん、チョンサガンのファンボユン(イ・ソジン)が
素敵に思えてきましてね〜

故イ・ウンジュが主演している『火の鳥』を観てからは
「イソジンうがい薬」なんて
言っていられなくなりましたよ〜
(ドラマ『火の鳥』はイ・ソジンとエリックが出演。
後ほどゆっくり・・・と言うことで。)

さてさて
偽金つくりの黒幕を捕える為に潜入していたチェオク。
ソンベクに近づいたが黒幕を捕まえる事ができず、
討伐隊は全滅し、セウク長官とファンボ・ユンは国王に捕えられてしまいます。

チェオクはユンを思い、国王に直訴するが、国王を狙った敵とみなされ
護衛隊にメッタ刺し
しかし、国王はチェオクの直訴を受け、黒幕が内部に及んでいる事を知り
セウク長官とファンボ・ユンを免罪にするんです

チェオクの心境は複雑なままです。
兄とは知らずに敵であるソンベクに思いをよせていくのよね・・・・運命?
(この展開はありなわけ?)
二人は幼い頃に引き裂かれた兄妹なのですから・・・

そんな時代ですから・・・
チェオクは茶母(下働きの女)であるがゆえに
ユンを思う気持ちも隠し通さなければならない・・・・
ユンは長官の娘ナニとの結婚を承諾し、チェオクはソンベクを捕える為に
一人で乗り込んで行きます〜〜〜〜!

・・・と言うことで、ここまで観ました。
あと一息!!
明日の放送までにあと1話みたいものだ〜〜