820fa764.jpgパリ恋第10話・・・
『テヨンさんと恋愛をします!』
とハン会長の前で言ったギジュ!
もう、ギジュは突っ走っていますよね〜
ε=ε=┏( 〃^_^)┛

そんなギジュは男前です!
もう、ギジュは生まれ変わったって感じですよ〜

一方、スヒョクは・・・
ハン会長の前でギジュの宣言を聞き、
またもやショック!
ハン会長には新車開発を手伝うように言われ、
テヨンのことも聞かれるが・・・
「あの子はいい子です。でも、おじいさん、認めないで下さい。」と含んだ言い方をして去っていく・・・

そうそう、この10話はギジュの恋愛オンパレードです。
いつもの「ハニーちゃん!」もでてきますよ〜Σ( ̄▽ ̄‖)
みんなの反対を押し切って!!


テヨンがユナに言った『ギジュの知っていること』を実行します。
「何でも持っているようで、実は何も持ってないと言う事
豚の貯金箱で小銭をためたこともない。
道端でトンポッキも、腸詰めを買い食いしたことない。
人目を気にせずにワンワン泣いた事がない、
記憶は沢山あっても思い出はない。
GD自動車の社長になる以外は考えたこともない。
自分の影の形をきっと知らないよ・・・
うつむいて歩いたことは一度もないだろうから」


この言葉・・・やっぱり、インプットされていましたね〜

まずはトッポッキを食べるギジュ・・・
「辛いのも甘いのも嫌いだ!!」なんて言いながら
「妙に美味しいなぁ〜」と頬張るギジュってやっぱりかわいい。
あの顔で・・・言うから母性本能をくすぐるのでしょ?

「トッポッキにたまごが入るのか?」と聞くギジュに
「特別だからたまごは二つ!」というテヨンもかわいい!

テヨンも複雑・・・スヒョクの事も心配で気になるし、
突っ走るギジュにもついていかなきゃいけないし・・・

そう、落ち込んでいるスヒョクはテヨンに呼び出されても
なんだかそっけない。
さりげなくあの時のヘアーブラシを差し出す
(ず〜っと眺めていたから穴が開いていないかしら?)

いつも見ている・・・と言うスヒョクの気持にテヨンはこたえられないよね〜
スヒョクも「いい友達」にはなれないって!!
だんだん嫌な男になっていくのよ〜( ̄- ̄メ)

そして、ギジュに本音を話し、ライバル宣言をする。
(こうなったらギジュから奪ってやるー!!って感じかしら?)
そんなギジュもスヒョクに
「明日デートだから早く寝る!」とやる気満々(^^;

さ〜ギジュの恋愛デートのスタートです。
まずは、豚の貯金箱を買いに行き、道端でトッポッキも腸詰も食べて・・・
一目を気にせずワンワンなく・・・・って
今ここで泣く事ないじゃん。Σヾ(≧□≦*)ノ
まあ、こんな感じにデートを重ねる訳ね〜( ̄‥ ̄)

ギジュもスヒョクも応援したくなる『パリ恋』って
すごいわ〜!!