89e47968.jpgパリ恋第7話・・・
第6話でスヒョクに告白されて動揺してるテヨンは・・・
バスに乗ろうと財布を出した時にギシュに貰ったヘアーブラシを見つめて、自分の中にはギジュがいることを思い出す・・・
でも、ここからがお惚けテヨン!
バスが来て財布からお金を出そうとして
すっかりヘアーブラシを置き去りにしてしまったのよ〜
お馬鹿(^^;
バス停に置き忘れてしまったヘアーブラシを、
スヒョクはまるでテヨンの分身のように持って帰る・・・
・・・ドラマの挿入歌と共に、ここまでの経過が流れてくるが、スヒョクってこのブラシに向かって
『俺の愛が怖いのか?それとも嫌か?』なんてキザに言うんだよね〜これは、どうかな?って・・・
愛するが為の「ストーカー演出」って感じでしょうか?
しかし、このブラシはギジュに貰ったものですから・・・
残ね〜ん!(;^□^)

ギジュはエレベーターの前で親しくテヨンに話しかける為、社内の噂になっていく。
ギジュったら社長なんだから!
一目は気にしようね〜((┗┓( ̄∀ ̄)┏┛)) 


屋上でテヨンをからかっている最中、
スヒョクがまたまた登場!(また怒ってる?)
スヒョクは、ギジュやテヨンの前で「自分は生き方を変えた」と明言する。
テヨンはそんなスヒョクに戸惑い、
ギジュは、そんな強がっているスヒョクを心配する。

ユナが会長にテヨンとギジュの中を告げ口!
(悪役なんだから、このくらいはしなきゃ〜ね〜)
ハン会長はギジュにテヨンを解雇しろと命令する。
そして、ユナとの婚約を進める。

スンギョンはギジュの変化に気がつく。
ギジュもスンギョンに言われて、自分が恋をしていると気が付く。
スヒョクの所を訪れたギジュは、偶然立ち寄ったテヨンと三人でサウナに行く・・・
なぜ?サウナに〜〜〜(*´∇`*)しかし、なんじゃ〜あのゆで卵の量は!!(;^□^)
僕のハニーちゃんの隣には座るな〜!!って感じがよく出ていました!( ̄∇ ̄*)ゞ

ギジュは密かにハン会長の側近のチェ理事を調べていた。何かたくらんでいるらしい・・・
まあ、側近と言うのは信用できるようで信用できないですから(――;
しかし、チェ理事はギジュの姉とも深い仲のようですね・・・
とても妖しい・・・
ギジュがテヨンの叔父の借金を肩代わりして、父親の形見のカメラを取り戻した事を知りギジュを問いただす。
ギジュは「金で解決するのは嫌いらしいが、俺には金で解決する方法しか出来ないんだ、気に入らないんだったら、金を稼いで返してくれ。」と冷たく言い放つ。これはこの後に言う事を言い易くする為のぶっきら棒な言い方なのよね・・・
そして、ギジュはテヨンに解雇を言い渡す。

いい雰囲気にそんな〜!!って感じのテヨンの顔で終わりました(^^;
さ〜まだまだこれから!!
一気に観て、ブログに載せるぞ〜(忘れないうちに・・・)