16e68b69.jpg吹き替えが嫌いだ!となんだかんだ言いながら・・・
日テレの『パリの恋人』はしっかり見ています。
誰かのせりふではありませんが、
‘目で追う彼‘は確かにいませんが、
こうして毎日ドラマを観ていると
主役のパク・シニャン(ハン・ギシュ役)も
いい男に見えてくるから不思議!本当に不思議です!!
このドラマって、
2004年度の“視聴者が選ぶ今年最高のドラマ”で
見事1位を獲得!なんですよ!
確か、昨年韓国では、「大長今(MBS)」
「バリでの出来事(SBS)」など話題となったドラマが多かった年です。
その中で堂々の1位!と言うのはいかに主役の二人がいい演技をした・・・
と言うことになりますよね〜
しかも、パク・シニャン氏は
「クリスマスを一緒に過ごしたい理想の男性は?」
と言うので四天王を抜いて1位だったそうです。(驚き!)
‘目で追う彼‘ヨンジュン氏は、ちなみに3位だったようですが・・・
(^^;

しかし、パク・シニャン氏の人気は日本ではまだのようですね〜
先日行われた『パリの恋人』ファンミーティングでも
脇役のイ・ドンゴンに注目があがっていますから・・・
(やはり二枚目は目で見ただけでわかりますよね。)

では、なぜに韓国では人気が出たのでしょう?
きっとこの物語の主人公の人物設定にあると思います。
とにかく、韓国のドラマって、かっこいい人は室長!か社長!か理事!しかもみんな若くして、そういう地位についている人ばかりです。
それもそのはず、皆さん留学を経験したエリートで御曹司!
この王子様のような役柄に夢中になるのではないでしょうか?そうそう、『冬ソナ』でもミニョンさんは理事ですから・・・

日本では「理事」と聞くと
もう70以上のおじいちゃんを想像してしまいますので、
そんな若くして才能とお金と地位があれば、みんなコロッと
恋に落ちてしまうのでしょう〜
視聴者にとってもシンデレラストーリーは心の中から消えない夢物語なのですから・・・

さーて、本題は『パリの恋人』です。
なんと言っても出会いはパリ!ですから・・・
恋の始まりもスマートに現実離れした設定で始まります。
では『パリの恋人』でカテゴリーを作って
ストーリーも紹介していきますね〜